コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

中二病でも恋がしたい! 戀  #07 「 すれ違いの・・・心模様 ( ヴォルケーノ・トライアングル ) 」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。今日も今日とでぼちぼちPCの動きが遅くなってきたので、そろそろ一旦ブラウザ落とす準備。最近のこれは一体何なのだろうか。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

六花:「勇太は契約のこと忘れてる!!」
 今回の話は、六花と勇太、七宮と勇太の関係性を描いた話。上のサブタイは、玉置成実さんの「Fortune」という曲の一節から引用したものですが、いざ感想を書こうとしたときに浮かんできたので、思わず採用。実際問題、そこまで外れてないと思いたい。

 ようやく始まった六花と勇太、二人だけの修学旅行。しかし、結果から言えば、それも長く続かず、早くも邪魔が入ることになり、喧嘩して、あまり満喫できず仕舞い。それもこれも、七宮のせい。いや、こういう言い方はあまり良くないですか。
 何にしても、同じ修学旅行で九州に来ていて、友達とはぐれた&荷物をなくした七宮の登場で、二人の関係がすごく気まずくなりました。少し前の話でも描かれましたが、六花って見た目以上に嫉妬深いというか、勇太が他の女子と一緒にいるのを良く思わないところがあって、わざわざ勇太に誓いまで立てさせてるんですよね…。にもかかわらず、七宮のことが放っておけない、自分が知らない思い出を他の女子と共有している勇太を見て、激おこ。まあ、六花にある程度自覚あるだけマシな気もしますが。

 そんなわけで、目の前で拗れまくった二人の関係を目の当たりにして、ついに七宮が自分の本心を六花に打ち明けることに。要約すると、変わらないためにあえて恋心を断ち切った過去があったと。恋というのは甘露の様に甘いものである一方で、ある種の毒。時には、人を変え、人を狂わせ、人を強くし…そういった変化の象徴的な意味合いも含んでいます。なので、彼女の様に中二病を捨てないため、勇太のことを好きだった、彼の隣にいたソフィア(以下略)という自分を変えないために、あえて変化を望まないというのは一つの選択でもあります。一方で、勇太は中二病を卒業して、新たなパートナーと出会い、恋をして少しづつ変わっています。変わらないものもありますが、それでも二度と取り戻せない何かというのも確実にあります。
 だとすると、かつての七宮と同じ岐路に立っていて、自分が望む望まぬ関わらず選択を迫られている六花、彼女が何を選び取るのか、それが第2期のテーマということになるんですかね。前回あたりからようやく恋が動き出すという牛歩ぷりを見せつけてますが、多分そこが落としどころだと思います。果たして、彼女たちの明日はどうなるか。

 そして、もう一つ。あまり重要じゃなさそうな、謎の森サマーHPが地味に次の波乱を起こしそうな気配が。というのも、前回・今回の描写から分かるとおり、サイトを作ったのが凸守でもなく、当然丹生谷本人でもなく、第三者が介入していることが確定したため。雑誌ばれでぶっちゃけ話の展開は分かるんですが、ここから第二の森サマーの存在に迫っていく話になる模様。もちろん偽物ではありますが、おそらくマビノギオンを精読して、森サマーをほぼ完全にトレースしているレベルの猛者とは一体…。


 ということで、第7話でしたが、思いのほかイチャラブ要素が少なくて、前回ラストの期待度からちょっと下がったかなというのが正直なところ。七宮の立ち位置がようやく見えて、すっきりしたのは有難いものの、やはり甘い話が見たかった…。特に、七宮が実質恋敵にすらならないともなると、盛り上げどころが分からないというのもありますし。
 ちなみに、鹿児島の西郷隆盛像には、犬がくっついていないそうで。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

\(^o^)/七宮終了のお知らせ? ~中二病でも恋がしたい!戀 Episode Ⅶ「 すれ違いの・・・心模様 ( ヴォルケーノ・トライアングル ) 」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 勇太と六花の二人っきりの自由行動が始まった。 色々な場所を見てはしゃぐ六花だったが、鞄を落として迷子になっている七宮と遭遇する。 六花との契約があったものの、七宮を放っておけない勇太。 そんな勇太を見てしょんぼりする六花。 そんな状況で七宮は六花を呼び出すのだった。     ┐(´∀`)┌ハイハイ、ご馳走さまdeath! 勇...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。