コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ソードアート・オンライン プログレッシブ  2

 こんばんは、管理人でございます。金銭的な理由もあってか、しばらくは本の購入量を若干絞ろうかとも考え中。結構冗談抜きに手持ちの分がフォローし切れてないので、そっちも片づけないとまずいですし、切実なんですわ…。


 今回紹介するのは、電撃文庫より刊行されている「ソードアート・オンライン プログレッシブ」の2巻。アインクラッド編のリブートシリーズ第2弾ということで、約一年ぶりの刊行となったこの作品。ぶっちゃけた話、本編がファントムバレット編以降読めてない(マザーズロザリオ編まで持っていて、短編集以降はまだ買ってない)のですけど、こっちは割と楽しみに読んでます。それだけに、1年に1冊しか進まないのがネック。このペースだと、70何層にたどり着くのは一体いつになるのやら…。

 ということで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、第3層攻略編ということで、第3層での出会いと別れを描いた話。正確に言えば、第3層で発生したキャンペーンクエストに関する話がほとんどで、ボス攻略に関してはほぼおまけ。といいますか、この調子ですと第4層以降もしばらくこんな感じになりそうな気配がするのですがw

 基本的に、今巻ないし第3層攻略において描かれたのは、やはりベータテストと正式サービス版での違い。今までにもボス戦での装備が違うなど、割と肝心な部分で違いが表れていて、その度にピンチな展開になっていますけど、それを逆手にとった展開が待っていたような今回はあった気がします。それが何なのか、今は触れるべきかよく分かりませんけど、やはりラフィン・コフィン関係の話になるんですかね…。少なくとも、プレイヤー煽ってたのは間違いないですし、今後も同じような手口となると、早々にベータテスターの知識を捨てざるを得ないときが来そうな気配。
 そして、今回のメインとなるキャンペーンクエスト。これは、長期にわたるクエストなので実質ここで完結せず、しばらく持越しになる話。故に、今巻表紙にも登場するダークエルフ:キズメル は次巻以降も登場予定。なんですけど、キズメルの場合はそこに安堵したというよりも、キャラクターのあり方がすごく気になる。簡単に言うと、キズメル=NPC で、本来ならば生き残る展開はないはずなのに、予想外に生き残ってしまい、結果いい意味でも悪い意味でも想定から外れた進行になってるんですよね。それに、明らかにNPCらしからぬ行動を始めたり、どういうことなんだとちょっと思いたくも。この辺もまた、ベータテストとの明確な違いを描いた部分で、言ってしまえば同じ個体が存在しないという、オンラインゲームにあるまじき展開ではあるので、最後どうなるかが気になるところ。


 とまあ、こんな感じですかね。1巻が第1層第2層攻略とさくさく進んでるのに対し、今巻はやはり攻略とは少し外れた部分がピックアップされてたように思えましたね。それがある意味オンラインゲームを題材にする意義であり醍醐味ではあるのですけど、今後のペースを考えるとちょっと不安になる展開ではありますね。果たして、完走できるのか…そこだけが心配。

 次の巻が出るのは、おそらくまた1年後…その時まで内容が覚えていられるかは激しく疑問ですけど、楽しみにしたいところ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。