コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 #02 「嵐の中で輝いて」 (ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。今日も今日とで、きりきり動かないととと。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

日和:「時の狭間よ。我が目前にその姿を示せ!」
 今回の話は、設定紹介其の2と日和に振り回されっぱなしの美月の苦悩を描いた話。前回の話見た時から薄々思ってましたけど、やっぱ色々と設定組変わってるのな。

 まず、前回ちょっとぼかし気味にここで書いた設定について、改めて解説。美月のもとに現れた自称幽霊:日和 その目的は、一言で成仏すること。そのために必要なことというのが、生前思いを残していた夕哉への恋心を晴らすことで、そのために美月の精神を亡き者にして、身体を乗っ取ろうとした…というのがだいたい1話までで明かされた部分。第2話では、そこからもう一歩踏み込んで、具体的な方策というかノルマが言い渡されるところまで説明が入りました。
 簡単な話、日和は美月を追い出すわけでもなく、身体に間借りするという形で強引に協力者に仕立て上げ、ミッション攻略に当たらせようということにしました。美月の身体にくっついたTSTはその証で、TST にくっついたハート形のゲージがミッションの達成具合を示す目安。これが満タンになると、一回分クリアでその度に「時の狭間」という場所にある天国への門へ至る足場が増えていくという寸法。なお、一度に増える足場の数はミッション達成に至るまでの過程とか、確率要素によって左右されるようで、毎回決まって一段ずつ増えるというわけではないとのこと。で、前回も少し言いましたが、ハードゲージが空っぽになったら美月も死ぬことになるので、適当なこともできないというおまけつき。実質被害受けるのは美月だけだとすると、ひどく不公平な気がしてならんのですが、さて…。

 そんなわけで、とんでもない目に遭いつつも、再び日常へ。この日は、丁度美月の母親が仕事で海外へ発つ日でもあるので、明日以降は実質二人きり。時折叔母さんが面倒見に来てくれるとはいえ、他人同然な男子と二人きりというのは中々きついものがありますが、それはさておきとして。
 そういえば、前置きでも触れましたが、微妙に設定が変わっているせいか、周囲のリアクションとか態度が若干違和感が。例えば、美月の友達:彩花 との会話のシーンで、夕哉=美月の義理の兄 というのを彩花が認識していないとか、美月が体育教師から名前呼ばれたときにリアクション薄いところとか。後者はただぼんやりしていただけという線もありますけど、前者は完全に設定変更の影響かと。原作以上に美月と夕哉の付き合いが短く、心の距離感も離れている中で、それを無駄な改変とするのか、それとも改変しただけの意義を感じさせるか、お手並み拝見。あと、やはり根子が妙に出番増えてるのが気になります。原作最新話時点で、明らかに関係者にして人外フラグ立ってるわけですけど、果たして。

 そして、このアニメと言えば、やっぱエロが大きな売り。今回ですと、再びのトイレトラブルに風呂トラブル。人の話を聞く気ゼロな夕哉と、無駄につんけんして言いたいこと・言わなければいけないこともまともに言えない美月の態度はさておきとして、ビンラーはさすがにレベル高いw 最終的に、花瓶でなく聖水プレイへと変じてたっぽいですが。といいますか、日和が幽霊設定な割に、所々でまるで実態があるかのような行動を見せるのが地味に気になります。プリン食べていたり、美月の身体をまさぐってたり。客観的には、美月が食べていたり、オナってたように見えるかもですけど、そこの辺どうなのか、私気になります!
 そんな中で起こった、風呂に夕哉共々閉じ込められるというハプニングイベント。普通に考えれば、詰みでよそからの助けがない限りは無理ゲーなレベルですが、この作品の場合は如何に。いやまあ、原作読者なので、その辺は無駄に煽ってみたw


 ということで、第2話ですが、トイレトラブルの話を天丼してくるとは…。やらないとイベント的に進めづらいところはあれど、とりあえず2話続けてやらんでもとは思いました。それ以外の部分で言えば、やはり日和の存在が何なのか、そこがいまいち図りづらい。夕哉に思いを寄せていたというのは嘘じゃないとしても、記憶喪失の幽霊で、死因が嘘とも真ともつかなくて、時折実態があるかのような振る舞いをする…本当はもっといろいろあるんですけど、現状でもこれくらい不思議なところが。彼女は本当何者なんでしょうね。

 次回は、雪姉登場の巻。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第2話 「嵐の中で輝いて」 感想

今週もヒドイ(笑)。そして不憫で感じやすい美月ちゃんがカワイイ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。