コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

映画 ひぐらしのなく頃に 誓

 こんばんは、管理人でございます。視聴期限がギリギリということで、大みそかのSAO一挙放送をTS再生中。キリトさんの口説きテクvsアスナの攻略テク、果たしてどちらが上かw


 さて、今回の記事ですが、昨日に引き続き映画版「ひぐらしのなく頃に」を取り上げたいと思います。昨日取り上げたのが第一弾でしたので、本日取り上げるのは第2弾「~誓」。こちらは、おそらく続編ありきで作られた作品でもあってか、一応これで一通り疑問点は回収されるような作りにはなっています。それで納得できるか…その辺は次の段落で。

 ということで、感想に参ります。本作の内容としては、居場所を守るべく戦うレナと、彼女を取り戻さんと戦う圭一たちの話。原作的には解決編:罪滅ぼし編 をモチーフにしたもの。まあ、前作が「鬼隠し編」がベースだったので、このチョイスは妥当と言わざるを得ないですが。
 そして、内容に関して言えば、前作よりも要素をばっさばっさとぶった切った結果、話がほぼ一本化されて、良くも悪くもシンプルになったという印象。例えば、それよりも前の話であって然るべきである沙都子の叔父:鉄平の話や、彼女の兄:悟史 との過去話、この辺は本当申し訳程度にしか触れられていなくて、正直なところちょっと存在感のある名有りのモブ程度の立ち位置でしかなかったような。特に、悟史の件が端折りすぎてて、ラストのオチがちょっとだけ弱くなったなというのが惜しくはある。いやまあ、そもそも悟史の件自体真相が分かるのが別のエピソードなので、この時点で分かるのも変な話ではあるんですけど…。それでも、興行収入的にも多分これ以上続編つくれなそうなのだから、盛り込むべきだったような気も。

 また、何よりも今作品の見せ場は、やはり序盤にある身体測定のシーン。視聴制限とかあったかどうかは定かじゃないですが(あったとしても多分PG-12程度)、合法的にJSの下着シーンが見られるのは神仕様と言わなければならない!! 正直なところ、この映画の一番の盛り上がりはここだったと言っても過言じゃないです。上映当時、見に行った友人が興奮しながら言っていたことがようやく分かったww

 ところで、今回見てて思ったんですが、魅音の設定って映画版だとどうなってたんですかね…。一応原作設定を遵守するなら、双子の妹:詩音がいて、たまに入れ替わって登校している設定なので、それを踏まえると納得できなくもない点はあります。ただ、今作だと説明が一切ないために、その辺がオミットされた可能性が非常に高くて、一部意図が分からない部分が…。言うまでもなく、レナとの決着つけるために圭一が教室から出るところでのツーショットのところ。あそこで悟史の呼び方変わったり、ポニテ解いたのは果たして何を意味していたのか、全ては監督のみぞ知る。


 とまあ、こんな感じですかね。前作があまりの評判でリアルタイムで見なくて、その流れでこちらも見るの避けてましたが、いざ見てみれば前作よりはいい出来で、ちょっと意外。とりあえず、前作見て、何となく「もう無理」と思わなければ、こっちも見た方がいいです。少なくとも、身体測定のシーンだけは是非見てほしいとしか…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。