コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

境界の彼方 #11 「黒の世界」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。ちょっと時間が空いたので「ネギま!?」見てたら、OPがめっちゃ長くて噴いたw 特別仕様にしても、ここまで長いのってあまりない気がする。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

秋人:「栗山さん、ざまぁみろ。」
 今回の話は、未来に至る道が開かれる話。前回が「白の世界」で、今回が「黒の世界」。そんでもって、次回が「灰色の世界」と、この連続感は明らかに意図的なように見えますが、果たして。

 現実の世界で目をさまし、未来の末路を知った秋人。当然、怒りの矛先は首謀者である泉さんに向くわけですが、ここで悪びれることなく必要な犠牲だったとでも言いたげな泉さんの言葉は否定するにできない感じでした。悪びれてないというのもそうですし、良くも悪くも大人らしい割り切り方。その一方での藤真さんは何か無駄にガキっぽいという印象を感じますが、彼に関しては何の目的で状況かき乱してるのかいまだによく分からない、ぶっちゃけ…。
 まあ、何にしても、未来が自分の能力を使い果たして、境界の彼方にぶつかったことで表面的には事態は解決した…かのように思いきや、実はまだ戦いが続いてるというのが、今回の話のミソ。なんでも、妖夢を滅ぼす血と融合したことで、境界の彼方は辛うじて消滅を免れ、自分を殺し得る脅威である未来を別空間に閉じ込めて、最後の戦いを行っていると、おそらくそんな話。未来を倒すためにあちこちから異能の力をかき集め、その結果として地上にいる博臣の異能が消えるなどの現象が起こっているらしいです。そして、中盤以降で起こった大規模なやつは、その辺りの影響力がさらに強くなったものなんでしょうね。あくまでも、吸い込まれてるのが妖夢だけみたいですし。

 そんな中、秋人は未来から届いていたメールを発見。ここで言うんですね、「不愉快じゃない」って…。ここは最後まで「不愉快です!」を貫いてほしかった気もw また、それとほぼ連続して、未来の生存を伝える手紙が届き、手紙の主が待つ部室へ。待っていたのは鎧武者…ではなく、秋人ママンこと弥生さん。基本的にシリアスブレイカーですけど、あの場でEDED言うのはちょっと止めて…。
 彼女が伝えたかったのは他でもない、秋人が未来の元へ行くための方法。この辺は、細かい理屈とかがぶん投げられているので何ともコメントしずらいですが、要約すると「境界の彼方」の妖夢石があれば行くことができると。世界のバランスがどうのとか意味深な発言残したり、そもそも秋人の妖夢=境界の彼方 だったりと、当初の前提レベルで覆りそうな気配がしますが、細かいことは来週説明される…と信じたいw

 そして、秋人は不死でない故の死のリスクを負いつつも、妖夢石を手に取り、未来の元へ。向こうの世界にいる秋人のコピーを媒介にし、向こうの世界へ降り立った彼は再び彼女と巡り合うのでした。


 ということで、いよいよ最終回直前ということですけど、とりあえず盛り上がってはいますね。色々と説明不足が多くて、ちょっと足を止めると突っ込みどころばかりになるのが難点ですけど、序盤の恐ろしいほど盛り上がらない山場と比べると大分盛り返したと思います。
 次回はいよいよ最終回。ここまで来たなら、ハッピーエンドに向かってほしいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。