コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ゾディアック・ウィッチーズ 2 十二星座の魔女

 こんばんは、管理人でございます。ヲケルこと「幻影ヲ駆ケル太陽」一挙放送見ながら記事書いてるのですが、るなが今流行りの「サイコレズ」という単語にぴったりすぎるアレだったなと、今更ながら感じました。「レズ特有の~」弾幕やめいw

 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「ゾディアック・ウィッチーズ 2 十二星座の魔女」。とりあえず、1巻のイラストと厨二っぽいあらすじに惹かれて読み始め、そのまま2巻も購入といった流れですが、そう…ですね。とりあえず、表紙の委員長がおっぱいキャラだったので、ためらいはなかった。たとえ、若干値上がりしてたとしても(苦笑)。


 というわけで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、ヒロイン:雪羽 の覚悟だったり、新キャラである獅子座の使い手:いまり の人となりを描いた話。1巻が舞台設定だったり、雪羽のヘタレ具合に尺が割かれていたのに対し、今回はいまりのキャラ描写に大分尺が費やされてた気がします。新キャラクターなので当然ではありますが、既存キャラに関しては大分扱いがぞんざいだったような…。特に、性質上どうにもならないりゆなんかはその格好の餌食になっていたようにも。メイン盾扱いだった委員長もどうかと思いますけど。
 そんな中で、今回から登場のいまりに関する話をすると、いろんな意味でいびつな存在という印象。普段のドジっ子な部分がおそらく素に近い部分なんでしょうが、それも元を正せばいびつな家庭環境が生み出したもの。彼女の、ひいては彼女の家の立ち位置というのが割と特殊で、それ故の二律背反的な性格は読んでていて、容易に見て取れたかなって。いやもう、色々と言いたいことはあるんですが、旧家が本当糞すぎるって一言に尽きる。何か明らかに矛盾した言い方になりますけど、旧家の腐敗具合が腹立つレベルでひどいんですよね…。だからこそ、こればかりは言わずにいられないですし、極論するとそこで決着しちゃうという悲しいオチ。

 そして、これからの動き的な話としては、第三勢力という形で雪羽たちが動く流れになるみたいですね。元の「出来レース上等!」な『序の生徒会」、「『序の生徒会』糞だわー。俺たちにもチャンスよこせよ」な『終の生徒会』、どちらにしても旧家の力が働いている以上、旧家に抗おうとする雪羽がどちらにもつからないというのは妥当な流れ。さしあたっての問題は、諸事情で力が使えない雪羽をどう扱うかということでしょうか。最終的には、仕掛け人だった蠍座をどうにかして解毒させるという展開になるんでしょうが、正直それまでがいろんな意味できつい。そこに至る前に、これで打ち切られそうな気配もあるので(そっちかいw)
 なんにしても、着々と呪われ続けている主人公:キミオ 同様、主人公・ヒロインコンビがますます目の離せない展開になってきた、そんな作品でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。