コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

輪るピングドラム #12 「巡る僕たちの輪」(ミラー)

 こんばんは、管理人です。ようやくなんちゃって一人暮らしが終了して、一息ついてるところ。やっぱあれですね、一人暮らしだとひたすら時間がないです・・・。


※ここからは、本館からのミラーになります。向こうでTB送信に失敗された場合にお使いいただけると幸いです。↓

晶馬:「だって、罰は一番理不尽じゃないとね」
 今回の話は、晶馬たちの両親の罪と、陽毬死亡パート2!な話。相変わらず抽象的で良く分からないので、ある程度ざっくりと行きたいです。

 晶馬が語る、16年前の事件の真相。それは、晶馬たちの両親が事件を引き起こした組織の幹部であったこと。「生存戦略」って本来こんな使い方するのか…恐ろしい!というか、前回の放送終了時に16年前の事件=地下鉄サリン事件 という話がありましたが、これ多分そのままですよね?何か色々とぼかしてましたけど、地下鉄で何かあったのは確実。気になるのは爆破っぽい現象が起こってたことですが、ある種の予防線と考えるべき?ちなみに、田蕗先生は、あの日たまたま桃果と同じ地下鉄に乗れなかったことで難を逃れたようで。ショタ声の石田さん…まったく無茶をしやがるwwただ、この一件を見るに、田蕗のポジションが良く分からなくなってきた感が…。というのも、彼は桃果に対して、かなりの想いを残してます。あの想いが16年経って、浄化されたと考えるのはさすがに厳しい気がします。なので、実は彼も今のピングドラム争奪戦の関係者なのでは?という疑念が浮上してきたようにも思えましたね。

 そんな話が終わったところで、また新たな事件が発生。それは、陽毬の2度目の昏倒。ここで、1回目の昏倒→死亡→復活 劇の真相が明らかに。なるほど、冠葉の命の一部を削って、それを陽毬に与えてたと。あの1話の夜這いシーンの伏線をここで回収ですね。ただ、この方法が使えるのは1回こっきりであり、再び試そうとする冠葉の願い空しく、陽毬は死亡(?)。と、そこに眞利が登場。陽毬の死のことを事前に冠葉に伝えたり、思わせぶりに出てくるあたり、やっぱ重要人物っぽいですね。でも、一体何をするつもりなのだろうか?


 ということで、1クールの折り返しにして、まだ事態が動きそうな予感ですね。しかし、タネ明かし要素がちらほら出てるのにも関わらず、その分謎が増えてて、未だに整理がつかないです。ですが、それが良くも悪くも先が気になる展開に引っ張ってるので、ある意味すごい…。
 そんな中でも、特に謎なのはやはり晶馬がうわ言のように語った物語。何と言いますか、神話やら童話やら色々と混ざってる気がして、すごくカオスです。とりあえず分かる部分だけ取りだすと、高倉父(?)が何か禁忌に触れて、そのせいで陽毬の命が危険にさらされることになったということ。中二臭いと言っちゃ失礼ですが、これは否定できない…。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 参加中です。よろしければ、ご協力お願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。