コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

機巧少女は傷つかない #06 「Facing

 こんばんは、管理人でございます。今日出かけたときに、ふと天一行こうかなとも思ったものの、帰ってきて断念して正解だったと確信。なんで、食事の時間がこんなに早いのwww

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗した時にお使いください。↓

雷真:「……責めろよ、俺を」
 今回の話は、Dワークス社の秘密と、夜会開幕を描いた話。すごく今更な話ですが、フレイはワンサイズ大きい服注文したほうが良かったのでは…? あれじゃあ、ちょっと痴女っぽく見えますし。

 シグムントと話している最中で、何者かに銃撃された夜々。幸い、致命的な故障こそ起こらなかったものの(即座に行動停止 など)、ダメージは深刻。早く修理…もとい治療しないとやばい状態。おまけに、構造上治療するには人形遣いの魔力が必要で、本来ならその役目を担うはずの雷真がいないために結構ピンチ。ですが、そこにシグムントを探しに来たシャルが合流。彼女の魔力で、どうにか命をつなぐことに成功。描写的には、なんか魔力以外のものも吸われてるようにも思えますが、その後にやっていた禁忌人形の話やらクルーエル医師とキンバリー先生の会話を見るに、おそらくそういうことですよね…。

 一方、Dワークスに潜入していた雷真と小紫は、そこで一体の老犬型自動人形と出会います。彼女の名前はヨミ…ガルムシリーズのプロトタイプ。言い換えると、フレイが連れてる自動人形:ラビ の母親。彼女がそこにいた理由は、廃棄待ちで幽閉されていたためでしたが、雷真は彼女を連れて行くことを決意。ヨミも彼を気に入り、共に施設内を行きます。
 ただ、雷真たちを待ち受けていたのは、想像を超えた地獄と辛い別れ。まず前者の方ですが、端的に言えばロキとフレイの正体。彼女たちは、「プロミスト・チルドレン」と呼ばれる魔力親和性に富んだ特別な人間の一人。ここだけ切り出すと、100万に1人程度の確率で生まれるちょっとだけ特別な存在というだけ済みますけど、問題はそこではなし。Dワークスでは、そんなレアすぎる人材が集められていて、おまけに人工的に培養してるらしいと、中々趣味の悪いことをやってる模様。ちなみに、フレイたちの両親は人形使いで事故で亡くなったとあるので、培養された人ではないのはほぼ確定。

 あと、前回の感想書いた時に、若干フライング気味で書いてしまいましたが、ラビを含む「ガルム」シリーズと、ケルビムを始めとした「エンジェル」シリーズはどちらもDワークス製で、今回の夜会はどちらが今後開発の主導権を握るのかという代理戦争的な一面も明らかになりました。生体部品使ってる分扱いが容易い「ガルム」シリーズと、「ガルム」よりも性能は格段に上ながらもコストがばか高い「エンジェル」シリーズか…完全に都合に振り回されとりますね。ちょっときつい。
 だいぶ話が延び延びになってしまいましたが、さっき上げた話の後者に関しても、ちょっとだけ説明。ぶっちゃけた話をすると、ヨミを見捨てて雷真たちが逃げざるを得なかったと、そんな話。雷真をかばって怪我した時点でほぼ無理だったとしても、当人であるヨミも、後で事情を聞いたフレイも、雷真に対して感謝しか口にしないというのがキツイ。いっそのこと、口汚く罵ってくれた方がいいのに、それさえも許されないというのは。ついでに言えば、今回の夜会において、雷真が命じられたのが、ラビに積まれてる魔術回路の強奪であって、各方面に容赦なくて逆に笑えてくるw

 そんなこともありながら、夜会はついに開幕。ロイヤルランブル方式なため、最初は100位の雷真と99位の生徒からスタート。ところが、本来99位であるフレイの姿はここにはなく、代わりに立っているのはロキ。特に言及も驚きも描写されてませんでしたが、自主降格という制度があって、それを援用してロキが99位まで降ってきたと補足必要な気が…。
 まあ、なんにしても、最初の相手がロキとなり、ルール上拒否できない雷真は彼と対決。ケルビムの武器は見ての通りの刃物で、金剛力を使う夜々とは相性が悪いようにも思えますが、ロキの魔術回路はそれを打ち破るような代物。説明はまた後日にしますが、金剛力でもおそらく防ぎきれないもので、雷真はひたすら夜々に攻撃を避けるように指示。夜々は夜々で、雷真をかばう気満々で、そのへんの思惑が交錯してギクシャク。最終的には、雷真をかばおうとする夜々を、逆に雷真がかばうという形で雷真がケルビムの斬撃を受けることに…。


 ということで、新章第2話ですが、あえて言うなら雷真の甘ちゃんぶりが全て悪い方向に働いてるのがつらいですね。原作ファンとして、結末を見ると、決してそれが間違いだったとは言えないものの、ちょっと目に余るものはあるというのは否定できないです。
 雑誌情報によると、これはあと2話続くみたいで、その次が3巻の内容に行く模様。キリ考えると4巻まで進んだほうがよさげですけど、これだと3巻で終了?


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。