コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

 こんばんは、管理人でございます。ああ、港浦さんと中井さんが屑過ぎてくたばらないかなぁ(バクマン。2期見てるなう)。

 今回紹介するのは、MF文庫Jより刊行されている「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」。去年アニメ化したことでもお馴染みの作品ですが、原作自体はこれが初見。コミカライズ版は雑誌購読の影響でだいたい読んでますけど。作者作品だと、手に取って読んだのは「ご愁傷様です二宮くん」以来ですか…ずいぶん久しぶりですわ。


 ということで、さっそく感想に参ります。今作品の内容としては、長い間離れ離れになっていた双子の兄妹(実際は違うらしい)が何やかんやで再び一緒に暮らすことになり、ラブコメっぽい何かが起こる、そんな内容で、第一巻ではそのプロローグが描かれています。第1巻がほぼ丸々キャラクターの紹介で終わるという、驚きのペース配分もさることながら、キャラの個性がそれに呼応してひと癖もふた癖もあるという感じで、読んでいてとにかく変なテンションに陥りそう。特に、ナチュラルに近親○姦上等な考え方を披露する妹:秋子 は中々素晴らしいぶっ飛び方。その他にも、男っぽい名前でやや中性的な顔立ち、ただし負けオーラ濃厚なクラスメイト枠の銀兵衛 や 通称捕食者(性的な意味で)な生徒会長、はたまた下ネタしか言わない自称シャイガール …etc、まともな誰一人いないという徹底ぶり。先日読んだ「この中に1人、妹がいる!」とも近いものを感じますが、こちらは意図的にこういった配置・キャラ設定になったんだろうなと、そういった計算が見え隠れする分大人しいんですかね、多分。

 あと、ストーリーに関しては、それこそキャラ紹介だけで尺を全部使い切ってしまってるので、語るべきポイントがほぼ皆無。強いて言えば、どこまでストーリーを排除して話を一本作れるのか、その一点に集約してるものとして最低限シンプルなストーリーラインは完成してるなと。まあ、これで何が喚起されるかというわけでもないので、ここについてはお察し。


 とまあ、こんな感じでしょうか。とにかく、内容の薄さ…もとい内容のなさに関してはある意味尊敬の意を唱えたくなる代物なので、手軽に何か読もうかなと思った際にはいい暇つぶしにはなるんじゃないですかね。それと、1巻で描かれた部分はアニメではほぼカットされているはずなので、彼女らが主人公:秋人とどのようにして出会ったのか、それを知りたい人は読んでみていいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。