コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

機巧少女は傷つかない 12 Facing “Master's Doll”

 こんばんは、管理人でございます。別に座り仕事してたわけではないのに、無駄に尻が痛い…。どちらかといえば立ってる時間の方が圧倒的に長いのになぜに?


 今回紹介するのは、「機巧少女は傷つかない 12 Facing “Master's Doll”」。現在アニメ放送中ということで注目のタイトルではありますが、考えてみるとこの辺はアニメ化でまずやらないんですよね…。

 さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、実質前巻からの続きとなっていた部分のオチをつけた形の話&最終決戦に向けた準備回。前回が本当絶望的な状況で、ここから巻き返すのは並大抵な展開じゃ無理じゃねと思いましたが、まあそうですね。ぶっちゃけた話、前巻ラストでモノローグ調で流れた状況がまんまその通り、あるいは限りなく近い状況ならばほぼ詰みなのですが、さすがにそれはなかった。いや、そこから巻き返すとなると多分無理というか読者側が辛すぎるので、これで全然問題ないのですが。上手く言葉にできませんが、ほっとした反面、無理ゲーっぽさは減って、付け込める隙が見えてきたのはちょっと惜しい。本当、何とも複雑な気分ではあるのですが、ちょっとだけ気になりました。

 そして、今巻で最もピックアップされたのが、硝子の過去について。本編中では大人な色気ムンムンな彼女ですが、考えてみれば生娘(?)な時代もあったんですね。そんでもって、花魁風な色気出してた理由もちゃんと回収されて、それが意外。ですが、それ以上に意外だったのが、彼女の正体というか生まれに関する部分。彼女に人形つくりを教えた師匠がいるのは当然としても、まさかああ来るとは…。となると、これがある意味この作品の終着点に限りなく近い答えではないでしょうか。夜々がああなってしまった以上は、完全に同じものになる可能性はゼロではあるものの、今まで出た中で一番近いような、そんな気配。というか、これだといろり・小紫も同じようなスペック備えてる??
 そうそう、どさくさ紛れで、ちょっと話に出しましたが、とりあえず夜々も無事(?)戦線復帰。ただし、彼女の復帰は同時に制限時間のカウントダウン開始の合図。これと、今回の騒動の顛末を以て、一気に巻き入って、一気に終盤突入。何か本格的に終わり見えてきて、ちょっと切ない。


 とまあ、こんな感じでしょうか。さっきも言いましたが、前後編の後編で、作品史上でかなり話が動く部分ではあることを考えると、満点とは言えないものの十分合格点なくらいな見事な着地。あとは今巻であえてぼかしているところを次巻以降できちんと回収して、つなげられればあるいは…。
 なんにしても、長くてもあと数巻くらいしか続かなそうなので、最後まで見逃せない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。