コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Free! #11 「激情のオールアウト」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。さっきPCにエロゲ入れ直して、データの復旧やってたのですが、やっぱ面倒な奴はとことん面倒ですね。rewriteとかrewriteとかrewriteとか。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

怜:「もしあなたが僕達の邪魔をするなら僕はあなたを許しません」

 今回の話は、地方大会前夜…とも言っていい、クライマックスに向けての舞台つくりを描いた話。今回のCパート見たとき、深夜なのに変な笑いが出そうになったw


 まず、前回ラストで鮫柄へ殴り込み決めた怜ちゃんに関する話。あわや殴り合いの喧嘩でも起こるんじゃないかという位険悪な雰囲気でしたが、さすがにそれはなかった。代わりに、自分が遥の正妻宣言…じゃない、遥たちのチームの一員であるであることをこれでもかという位にアピールしていきましたが。結局、遥のために行動を起こしたんですね、めっちゃ漢や…。それに対して、凛の女々しさと言ったら目も当てられない。
 ちなみに、怜ちゃんが鮫柄へ殴り込みをかけたことは、結構早い段階で遥たちにバレます。だからといって何かが起こるわけじゃありませんでしたが。といいますか、怜ちゃんの部屋にある陸上関係のトロフィーと水泳関係の本の量すげえw 今までの功績が素晴らしかったのに、それを捨ててまで水泳に打ち込む、怜ちゃんの本気度がよく分かりましたよ。

 そして、遥たちは大会参加に向けて、一日前に現地前乗り。遠くまで来ても、やっぱ鯖推しなのか遥…。あと、遥と真琴の組み合わせが完全熟年夫婦のアレだ。あのシーンは絶対腐った女子のみなさんを狙いに来てるとしか思えないw
 また、岩鳶水泳部と同様、鮫柄も大会前日から前乗り。その日の夜、怜ちゃんは凛から呼び出されて、過去の出来事と彼の今抱いている思いを聞くことに。オーストラリア留学が挫折の始まりだったとか、今抱いている気持ちがどうかなどはおおよそ想像どおりでしたが、彼が再び水泳に対する情熱を取り戻したタイミングについてはなるほどと思いました。良くも悪くも、遥たちと凛で転換点は同じだったんですね。それだけに、凛が無自覚に周りをかき乱しすぎてて、相当罪づくりだともいえますがw

 その話が終わった後、凛は同じバタフライ代表として、怜ちゃんに宣戦布告。ですが、前日夜になっていきなりレギュラー落ち通達…。この流れで出番終了フラグって、ピエロにしたってひどい展開だ…。

 ということで、そろそろクライマックスなこの作品ですが、心理描写がやっぱ上手いですね。みんなが憧れ頼りにする「遥」という存在がいて、繊細すぎる彼を支え見守る友がいて、複雑な思いを抱く元チームメイトがいて、それらの葛藤と決意がメリハリ良く描かれていて、全然ダレない。話としても、オーソドックスに王道行っていて、そこまで余計な情報いれずに見られて◎。

 次回はいよいよ最終話。あわや凛のDEBANなしという危機が漂う中で、どう話を締めてくるか注目です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。