コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバックテーマ&ネットラジオ連動企画「無差別級、最強とは誰のことだ!?」

 こんばんは、管理人でございます。何だかんだで実地2日目となりましたが、これはどうなんだろうか…。とりあえず、電話対応とか、その辺の面でビビリにビビリまくってるので、それらを今週中にどうにか克服したいところ。

 さて、本日の記事ですが、本館と共にお世話になっているブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」、こちらで現在募集中の企画用記事となります。詳しくは先のブログ名のところから飛べるリンク先をご覧になっていただきたいと存じますが、要するに何か定義を決めて「最強」を抉り出せと、そんな企画。
 そして、私個人、企画を立ち上げるにあたり、テーマを「不死性」「不死身」というのを挙げてみたいと思います。理由としては、今回このテーマを聞いた時、真っ先に思い浮かんだ某キャラが、まさにそれを体現したようなキャラ設定であるため。書き終わった今となっては、若干カテゴリーから外れてる感は否めないものの、これはこれで面白い内容になったかなって、そう思ってます。ということで、さっそく参ります。


1.両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
 まずは、この人。正直な話、彼ならどの部門に混ざったところでそれなりのポジションに付けると思いますが、おそらくこの部門に入れるのが一番良いと思い、この部門に組み込んでみました。
 彼に関しては、あえて説明するようなものはないと思いますが、作中で表現されてる通り「ゴキブリ並の生命力」で、不死身を体現している彼は紛れもなく最強候補に相応しいと思います。

2.ハオ(シャーマンキング)
 続いてはこちら。こっちもこっちで、上の両さん同様他部門でもランクインできるであろう逸材ですが、「転生」して何度も蘇るという部分に着目し、ここに入れさせていただきました。
 一人だけ桁違いの能力値を叩きだしてるだけに、先程も言った通り他部門でも充分やって行けるであろうキャラではあるものの、ここはあえて「不死性」という理由でノミネートさせていただきたい所存。

3.キュゥベエ(魔法少女まどか☆マギカ)
 3つめはこちら。これは、正直入れていいのか良く分かりませんが、某綾波よろしく、死んでも代わりが効く、その場から湧き出るようにポップアップする、これはまさに「不死」に近いのではないでしょうか。それ以上に殴り飛ばしたくなる気持ちと、戦闘力がほぼ皆無というのはおいておくとして、ある意味「最強」と言ってもいい…はず!

4.ヒュンケル(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
 続いてはこちら。こちらは、アニメ版だけ見てるとどうしても印象薄いですが、かつては「不死身の魔剣士」と言われるくらいの実力者で、本当「殺しても死なない」「殺しても死の淵から何度もよみがえる」、それくらい生命力が強いキャラとなっています。
そして、今回挙げたテーマに対し、彼はその一点にかなり特化されてるのではないかと思い、今回選出しました。

5.あぎり(キルミーベイベー)
 そして、最後です。彼女については、「不死身」「不死性」というテーマを挙げてる中で、若干浮いてる気はしますが、彼女は彼女で舐めてはあかんです。彼女の場合、基本的に致命的なダメージを負ったとしても、「代わり身」の一言でだいたいごまかせてしまうので。
実際のところ、どこからどこまでがそうなのか知りませんが、限りなく「不死身」に近いキャラクターとして、彼女もまた作中最強と言えるのかもしれない…と思いました。


 そして、これらノミネート勢をガチで戦わせてみたところ、最強キャラはおそらくハオであると、そんな結論に至りました。

その内訳としましては、まず第一戦はキュゥベエ対両津勘吉。こちらは、とりあえず両津の勝利。決まり手は、エントロピーを凌駕し、世界を変えるほどの欲望が両津の中に満ちていること。加えて言えば、絶望しない可能性もありますし、どちらにしても勝ち目ないかなと。

 第2戦は、ヒュンケル対両津勘吉。一時は同世代のジャンプを共に走った間柄ですが、これもまた両津の勝利と言うことで。何があっても、必ず戦いに参戦すると言う意味ではほぼ互角と言ってもいいですが、身体の丈夫さとしては両津の方が格段に上。なので、仮に同じような災難に見舞われたとしても、間違いなく両津の方が負傷率・生存率高いと思うので、両津の勝利。

 第3戦は、両津勘吉対あぎり。これまた、異色な組み合わせですが、こちらはあぎりの勝利かなって、そう思います。このカードの場合、「不死身」「不死性」のベクトルが違うので一概には言えませんが、それでも忍者としての騙しテク、これで両津を出し抜けるんじゃないかなと。多分、お金関係の忍術使われたところで、両津が勝手に勝負捨てるオチなんだろうと、そのように予想。

 第4戦にして最終戦は、あぎり対ハオ。こちらは言うまでもなく、ハオの勝利となるわけですが、その根拠は圧倒的な力の差によるもの。魂を燃やし尽くせるなんてもそうですし、SOFを通して魂喰らえるとしたら、さすがに忍者的な騙しテクを以ってしても回避はほぼ不可能。また、他のキャラと比較しても、死んだとしても転生する前提で考えると、ほぼ絶対的に勝てるのではないかと思われるため、文句なしで彼がナンバーワン!

 ということで、当ブログとしてはハオを最強キャラとして、推したいと思います。
 それと、もう一つ。最後の最後で選外とした某キャラクターの紹介をして、この場は締めたいと思います。みなさん、ご視聴いただきありがとうございます!


番外:大喰い(ムシウタ)
 最後の最後で取り上げるのはこのキャラなのですが…ごめんなさい、アニメ版は大分キャラ薄くなっています。基本は原作設定を踏襲した上で語るつもりなので、予めご了承ください。
 彼女(?)について簡単に説明すると、いわゆる「関係する力の全てを使える」という類の能力者です。彼女の場合は、自分が生み出した「分離型」というタイプの虫憑き、そこに限定して全員分の力を使えます。
 そして、その上で厄介となる能力が大きく二つあり、そのせいでまともにやりやって倒すのがほぼ不可能、そんな感じです。作中でも、実質最強クラスの力を持ってると言って過言はありませんし、テーマに沿った最強候補として挙げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。