コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アリストクライシ Ⅰ for Elise

 こんばんは、管理人でございます。ソシャゲイベントが、そろそろ後半差し掛かってきて、残りのタスクを計算してみたら、結構エグイ…。今までの生活ならばともかく、今の生活の中だと目標達成できるのかが激しく微妙。どうにか間にあわせるつもりではありますが。


 今回紹介するのは、ファミ通文庫より刊行されている「アリストクライシ Ⅰ for Elise」という作品。元々はファミ通文庫のウェブサイトで連載していた作品で、それが纏まったのがこの1冊。現在は、この続編が同サイトで連載しているとのことですので、こちらも早く文庫化を所望。

 というわけで、さっそく感想に参ります。今作の内容としては、「穴蔵の悪魔(アリストクライシ)」と呼ばれる異形の少女:エリーゼ と、「名前のない怪物(グラウエン)」と呼ばれる、同じく異形の青年:グラン の二人が復讐の旅をすると、そんな内容。基本的には、某ダンタリアンよろしく、異形の噂を聞きつけて、あるいは行きついた先で異形と戦う、といった内容なのですが、1巻を見る限りではシリーズごとに舞台が固定らしく、それがダンタリアンと明確に違うところ。また、作者つながりで「B.A.D」となんかとも結構近い作風らしいのですが、原作の方を少し見た感じ、それとも少しずれる。グロ要素とか、ミステリー(≒ホラー?)っぽい雰囲気は大分それっぽくはあるのですが、それよりは「王道寄り」というか「ただ後味悪いだけじゃない」と言うか、ともかくラノベっぽさは意識した作品になってるかと。ちゃんと、武器らしい武器もあるわけですし。

 また、この作品において、「B.A.D」と最大の違いとして考えられるのは、やはりヒロインの差。「B.A.D」の繭さんは、一言で言えば本気で悪趣味なのが窺えるキャラであるのに対し、こちらのヒロイン:エリーゼ は若干ツンデレ入った女子。あざといと言われたらそれまでですが、受け入れやすさを考えれば、むしろこちらの方が正しいあり方。
 ついでに言えば、担当絵師が「まないたの魔術師(フラット・マイスター」ことるろおさんなだけあって、胸元のつつましさがいい感じのアクセントとなってます。るろおさんはるろおさんで、昔からゾンビものとかモンスターをモチーフとしたイラストが多いので、多分今まで担当した作品の中でもトップクラスに親和性高い作品とも言えます。ムシウタもかなり好きなイラストですが、一番を決めるとなると甲乙つけがたい…。


 とまあ、こんな感じですか。1巻となる今作は、キャラの説明とかそこに至るまでの過程を描いた内容と言うことで、実質話が進展したとは言い難いですが、それでも掴みとしてはまずまず。ある意味、手堅く仕上げてくれる作者さんではあるので、グダグダにならない内にうまく締めてくれるとは思いますし、これからには期待できそう。
 グロも萌も追求した、一つの到達点がこれなんじゃないかと、そう思える作品でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。