コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

氷結鏡界のエデン3 黄金境界

 こんばんは、管理人でございます。本館の更新終わったところで満足してたけど、うっかりw ちょっと急いで書き上げたいと思います。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「氷結鏡界のエデン3 黄金境界」。最近、このシリーズの感想ばっかり書いてる気がしますが、読んでるのがこればっかしなのでどうか。それに、そろそろ読み終わった分に追いつきそうなので、そこからは少しずつバリエーション増やしていこうと思います。

 ということで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、シェルティスとモニカを中心にした小隊結成エピソードを描いた話。本筋的にも、前巻の内容を踏まえた上で、緩やかに進行しつつあって、1巻以来の盛り上がりと2巻の良さが合わさって面白かったです。
 そして、今巻を語る上で重要だったのは、新キャラの華宮(カグラ)。小隊を組むにあたって、出来れば固定メンツで組むのが望ましいと言うということで、白羽の矢が立ったのが彼女。しかも、偶然にもユリエ関係の話題にも繋がって、華宮のパーソナリティを掘り下げに関しては充分だったかと。今巻で描かれた部分を裏返して見た時、あるいはこの後に待っている展開を考えると、ユリエと華宮の天才のベクトルが違うんですよね、やはり。ユリエは閃きメインの天才タイプで、華宮はデータや実戦メインの秀才タイプ…どちらも等しく天才ではあるのですが、当人同士の認識の違いがつらいところ。特に、華宮が色んな意味でコンプレックスの塊で、今巻で描かれた出来事をきっかけに初めてドヤ顔出来ると思ったら、全然そんなことはなかったというのは、泣いてもいいと思うw


 とまあ、こんな感じですか。何だかんだで戦闘描写多めで、色々と見せ場はあったものの、いざまとめようとすると上手く纏まらない不思議。その辺の話は、もうちょっと分かってから、書きたいと思いますが、とりあえず一つだけ。黄金術式なんていう、準チート級の術を早い段階で出して、後のパワーインフレは大丈夫なのだろうか。二人だから無事窮地を乗り越えるのに成功した、この辺は熱かったけど、これ以上のものが出た時にどう乗り越えるのか、それが現状思い浮かばないw まあ、最終的にはユミィ正ヒロインルートなので、そんな細かいところ気にしても詮無いですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。