コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

奏でる少女の道行きは―黄昏色の詠使い〈2〉

 こんばんは、管理人でございます。何かエントリーシートを出すために企画書が引くようになるらしく、久々にパワポを使用してもりもり設計中。ただ、締め切り…といいますか仕上げるまでのリミットが大分近いので、本当に完成できるのか、それはすごく微妙。やるだけやってみるとしか言えないのがまたw

 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「奏でる少女の道行きは―黄昏色の詠使い〈2〉」。ここ最近、ちょいちょいレビュー挙げている、細音啓さんの作品第4弾。そう言えば、今月は久々にイリスが発売されて、エデン3巻も近日中に引き取って来ないといけないので、しばらくこの流れは止まないと思われ。ただ、ここまで互い違いに読んでいたら、途中から訳分からなくなるんじゃないか、それだけが気がかり…。


 というわけで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、自らの性と反発心との間で揺れ動く少女:エイダ にスポットを当てた話。一応解説しておくと、このシリーズの主人公はネイト&クルーエルで、エイダのクラスメイトである二人もちゃんと登場しますし、重要な成長も描かれています。ただ、今巻に限った話で言えば、間違いなくエイダが主人公と言っても差し支えない、そんな話でした。

 ここからは、もうちょっと内容に突っ込んだ話。まず、この作品世界における重要要素となっているのが、「名詠式」と呼ばれる召喚術。ただ、一言で召喚術と言っても、呼び出せる物は捧げる触媒や詠の種類によって異なり、どれだけ高度なものを呼び出せるか・どれだけの種類(≒属性)のものが呼び出せるか、それがある種のステータスとなっています。
 そんな中、今巻から追加された要素があり、それが「祓名民(バルシェ)」と呼ばれる技術者。こちらは、「名詠式」とは反対に、世界に召喚されたものを送り返す技術であり、あるいはそれを使う人たち。ぶっちゃけて言えば、エイダは「祓名民」でありながら「名詠式」を勉強していて、狭間で揺れる心情にけりをつける、これがこの話の進行の大部分でした。

 第1巻が大分綺麗にまとまっていただけに、ここからどう話を進行させるものだと思ったものですが、第2巻では一気に世界観を広げる方向に物語を展開してきましたね。先程から言っている「祓名民」もそうですが、「灰色」を司る謎の名詠式とか、カインツが追っていたらしい研究者とか、一気に伏線的要素を放出してきた印象。ただ、それでいて、テーマ的には1巻でうまく決着がつくような構成になっていて、相変わらず綺麗な纏まり方でした。
 今巻において、描かれたのは自分を理解してくれる誰かのありがたさと、力を身につけ立ち向かう理由。この手の作品では大体そうですが、やはり力を振るうためには何かしらの理由があって、そこにドラマがあることでよりキャラの魅力が引き立つんですよ。この作品の場合は、力を振るうのは「誰かを守るため」であり、同時に「後悔しないため」。特に、後者については第1巻で描かれたエピソードが下敷きになっていて、その時の惨状をあらかじめ読者が知っているからこそ胸に来るものがありました。
 また、その決意を彩るためのドラマとして用意されたのが、真の理解者を得ると言うイベント。こちらはネイトとクルーエルの関係でも同じような描写があったのですが、「恐怖」に対して一番救いとなるのは「理解」という思い。それも、上辺だけの言葉ではなく、もっと深く心のつながり的な部分で。それができるのは、誰よりもそばにいる時間の長かった友であったり、深いところで通じあった者同士。その辺が、いい意味での対比構造として機能していたため、良い味付けになっていたかと。


 とまあ、こんな感じですかね。1巻の完成度が高かっただけに、続編意識した今巻が若干不完全燃焼なのはさておきとして、やはり面白かったです。ここら辺からは、色々と伏線やら要素を拾いながら読み進めることとなりそうなので、1巻読了とは別の意味で楽しみ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。