コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

悪の華 #08(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。書こうと思ったら、多分三行くらいで書けそうだなと思ったので、それなりに細かく、且つ個人的な意見を織り交ぜながら書いてみたら、それなりに分量行ったので、とりあえず一安心。個人的に、あまり長すぎるのも読む気無くす派なので、これくらいのフォーマットである程度書ければいいなと感じました。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

春日:「……別れよう」
 今回の話は、あの教室の惨状が皆に知れ渡り、そして佐伯さんに体操着のことがバレるまでを描いた話。実は、内容的には大して進んでないのですが、その原因となった風景描写は果たしてどう受け取られるんでしょうか?

 教室で好き勝手に派手にやらかした後、春日くんたちは学校を後にし、帰路へつきます。帰り道が分かれるところまで、二人は一言もしゃべらず、ただ共にあるといった感じでしたが、まさかそれが延々とAパート半分以上続くとは…。その間映し出されたのは、まだ眠りから覚めない田舎町の風景と、そこを無言で歩いていく二人の姿。引き伸ばし…と言っていいのかはわかりませんが、さすがに長かった気がしました。まあ、前回までのあらすじ+セリフなしでだいたい尺半分くらいが消える某飛翔系アニメなんかと比べると、それなりに雰囲気作りがしっかりできてるので、引き込むだけの魅力はあると感じましたが。
 そして、仲村と別れた後、春日くんはそのまま帰宅。身体に飛び散っていた墨汁の跡をシャワーでしっかり落とし、起きてきた母親とは何事もなかったかのように会話し、登校までの時間を過ごします。ちなみに、この日からは夏服のようで。全く、オカン心臓に悪すぎるでよw

 そんなこんなで、登校時間を迎え、春日くんは気が重いながらも学校へ向かいます。途中、佐伯さんと合流し一緒に登校してますが、どんな嬉しいシチュエーションでも今の春日くんには何の意味も持たず。彼の頭を占めているのは、教室の惨状を見て、自分が非難されるビジョン。事実、黒板に罪の告白が成される以上逃れられない未来だったわけですが、幸か不幸か墨汁で黒板の文字が一部かき消されたせいで誰がやったかまでは特定されず、例の「体操着を盗んだらしき不審者」が犯人ではないかというところで落ち着きます。だがしかし、自分のしでかしたことの大きさを知ってしまった春日くんは、今度こそ日常を捨てる決意を固め、犯人に気づいてる佐伯さんの口から告発される前に別れを切り出します。ここで佐伯さんだけが、悪の華のマークを見て、春日くんの仕業であることを知ったことがミソですよね、やはり。佐伯さんが他の人に言いふらして春日くんの人生が終了するか、それとも春日くんのことを少なからず理解しかけてたことで少し待ったがかかるか、後が気になる…。


 そんなわけで、第8話の感想をお送りしましたが、ここにきて一気に佐伯さんのポジションが引き上げられた感じがしました。これでダブルヒロインものとして、恋愛模様がますますドロドロしてくる…何か興奮してきたw 余談ですが、管理人は変態趣味じゃないのであしからず。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。