コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

映画 船を編む

 こんばんは、管理人でございます。ここのところ、記事書くのに平均一時間くらいは余裕でかかるようになってて、少し悩んでます。別に時間をかけること自体はいいのですが、所要時間の逆算が若干面倒なのとその間別のことをするリソースが現状備わってないために、割と死活問題。早くこのスランプから抜けたい!!

 今回の記事は、現在絶賛上映中の映画「船を編む」の感想となります。最近はアニメ映画ばかり見てたせいか、実写ものの感想を書くのは久々ですかね。多分去年無料で見た「天地明察」以来だと思うので、およそ半年ぶり?やはり、映画はバランスよく見ないと、何となく感覚がおかしくなるのを最近になって学んだ気がしなくも…。


 というわけで、さっそく感想に参ります。まず、この作品の概要について、簡単に説明。この作品において、主に取り上げられているのは、「辞書の作成」という、良く言えば一大事業、悪く言えばひどく地味な素材。物語としては、早期退職で辞めることになったベテラン編集:荒木 に見出される形で、営業部から辞書編集部へ転属となった主人公:馬締(まじめ) がそこで新たな辞書「大航海」を作ることになり、そこから15年余りかけて完成させるまでを描いたものとなっています。
 そして、感想ですが、やはり15年という年月は色々と物事を変化させるには十分な時間だったなとそう思わせる内容で、且つ時間経過を思わせるだけのドラマ性ある作品だなと、個人的に感じました。先ほども挙げた「天地明察」もそうですが、一つのことを成すためだけにこれだけの時間をかける、という部分が非常にドラマチックでしたね。15年と言えば、生まれたばかりの子供がそろそろ高校生になるかならないかまで成長するのに必要な時間で、それだけの年月が流れれば当然環境もかなり変わります。この作品で例えると、スタート時点ではまだPHSが出始めとかそのくらいの時代だったのが、終盤には携帯電話が登場していますし、当時は引きこもり系オタク風だった馬締も恋をして・先輩になって・人を率いてお願いする立場になって、と徐々に変わっていきます。馬締に関して言えば、物語が彼のターニングポイントに合わせた形で進行するため、物語としては比較的成長が追いかけやすい作りなっていたと思います。

 また、馬締に限らず、その周りを取り巻く人物の時間経過による変化が実に面白いです。特に、オダギリジョーさん演じる先輩社員:西岡 の立ち位置が、すごく好きです。最初は如何にも「チャラ男」という雰囲気を出していて、馬締のことを見下してると言うか「あまり関わりたくないやつ」とさえ見ている気配があったのに、いつからか彼を認めるようになり、とある事情で部署を離れることになっても影ながらサポートしてくれてと、彼の立ち位置の変わり方が馬締に次いで象徴的だった気がします。彼の考えた「ダサい」の用例が、生々しすぎるくらいにダサかったのは笑いましたがw まあ、あれがあったからこそ、彼が辞書編集部にいた証が残ったとも言えますし、分かりやすい形で実例を引き合いに出した西岡、それをそのまま残した馬締、共にGJということで。


 ひとまずこんな感じですか。本当ならば、もうちょっと色々と書きたいこともあるのですが、過度のネタバレとか分量とか整理する手間を考えると、多分ここらで止めておいた方がいい気がするので…。
 あともう一つ、まだ見てない人に対してアドバイス。おそらく「天地明察」を見て面白いと思えたなら、こちらも楽しめると思います。何だかんだでストーリーラインが地味で、長い時間かけて一つのことをやり遂げると言うという部分は共通してますし。個人的には、天地明察は原作・映画ともども楽しめたので、こちらも面白かったです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 舟を編む

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。