コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

デート・ア・ライブ #06 「恋する温泉」(ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。色々と段取り踏みながら準備してるものの、肝心の作業がかなり遅れ気味で時間が少しやばくなってきた感。とりあえず、夕方までには始めたい所存。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


燎子:「やってられるかあああっ!」
 今回の話は、原作者原案のオリジナル話にして、温泉回。ここで補足説明来るかと思ったら、全然そんなことなかった…orz

 まず、事の発端としては、十香が温泉に行きたいと言い出し、四糸乃とよしのんと令音と士道の4人(+1体)で市内の温泉施設へ向かったこと。それと、時を同じくしてASTの慰安旅行がそこに決まったこと。特に、部隊長の燎子は上司からねちねち嫌味を言われ、急きょ旅行の予定が変更され、とにかく温泉につかりたい欲に駆られてるがために、必要以上の大騒動に。
 そして、そこから先は、ASTとラタトスク機関の化かし合い対決。意地でも温泉へ行きたいASTと、精霊とASTの接触を回避したいラタトスク、そんな構図なわけですが、しかし展開がギャグすぎる…。野菜ミサイル・スタッフが後でおいしくいただきましたテロップ・爆発アフロ、作品コンセプト的にはあながち間違ってはないものの、色んな意味で本編に組み込むべきネタじゃなかったような気が。いいのか、軍人の癖に…。

 オチとしては、よしのん負傷による温泉終了、からの神無月のファインプレーでラタトスク大勝利。琴里も無事温泉に合流できてめでたしめでたし、と言いたいところではあるものの、ASTは本当涙目すな…。
 あと、最後の最後で、新キャラ登場。原作とは少し違った初登場シーンですが、何か無駄に大物感漂ってる件。

 そんなわけで、アニメオリジナル回でかなり不安を感じさせる部分が大きかったのですが、一応原作者原案というのがあながち嘘じゃないというのが分かってほんの少し安心。某ニート探偵よろしく、原型留めない出来で阿鼻叫喚というわけでもなく、良くも悪くも「原作短編であってもおかしくない」レベルで収まってたわけですし。
 ただ、やはり原作の尺を詰めて無理やり入れるほどの必然性はなかったかなと。これやるくらいなら、説明不足な部分を細くする話をやってほしかったというのが正直な話…。

 次回は、いよいよ狂三&真那登場。ここから先は外さないでくれよ、スタッフ?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デート・ア・ライブ 第六話「恋する温泉」

「エスカ&ロジーのアトリエ」と発売日が諸被りしていたので、 正直買う気はあまり無かったのですが………。 絵的にもアニメの画の方が好きだしなーとか何とか、言っていた私は過

デート ア ライブ 第6話 「恋する温泉」 感想

 温泉、それは抗えない魅惑の癒しスポット。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。