コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

再生のパラダイムシフトⅡ ダブル・トリガー

 こんばんは、管理人でございます。更新ペースと消費量の釣り合いがかなり難しいことになってるせいか、取って出しの状況が続いているなどと。一応ストックがないわけでもないのですが、書くとなるとそれなりにエネルギー使いそうなので出来れば温存しておきたいので、これまた厄介。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「再生のパラダイムシフトⅡ ダブル・トリガー」。第1巻発売時は、かなりの期待感を込めた帯アオリで少し騒がれた本作ですが、本屋を見るとやはり2巻でもそれなりに大きな扱いになってる模様。今月は目玉作品がなかったから…ともいえますが、どこまで編集の期待に応える結果になったのか。

 今巻の内容としては、学園編開始…ということで、主人公:燈矢 が都市内で起こってる学生失踪事件を追う話。物語全体の流れからすれば、第1巻で描かれた内容を下敷きに仕切り直し、それとその土台固めと言った感じですか。新キャラ:リノン の立ち位置とか存在がよく分からないながら、そのうち話が広がるとしたら、おそらく彼女がキーになりそうですし、その辺の情報を引き出し配置するための話、という風に思いました。

 そして、ここからはもうちょっと内容に突っ込んだ話になるのですが、今巻では燈矢のバイトが幼馴染の少女:つばさにばれる と言う部分が割とメインでしたね。色々と説明がめんどいのでいくらか省きながら説明しますが、今までの話(第1巻)の時点で燈矢は罪の意識に囚われ、実質一人で戦い続け、クラスでも人を寄せ付けないような生活を続けていました。つばさはその中でも燈矢に声をかけ続けたキャラなのですが、1巻の事件を通してややそれが軟化し、そこに降りかかってきたのがこれ。今までなら「贖罪」という免罪符があったのでまだよかったのですが、今の彼にはそれがない…つまり拒絶されたときに自分を守る術がないと。言うなれば、前巻で描かれた罪の意識から来る「弱さ」が、今巻では丸々ここにつぎ込まれたという感じですかね。個人的に、ここまで「弱さ」を特化して描き続けてるのは面白い試みだと思うのですが、その反面で爽快感に欠けるために物足りなく見えるのも確か。おまけに、1巻のラスボスが最強クラスの敵な上に2巻ではそれ以上が望める状況になかったのが拍車をかけてたような。設定上仕方ないとはいえ、ちょっとしたジレンマ…。


 とまあ、こんな感じでしょうか。1巻同様、比較的まとまった内容ではあるものの、今一つ乗り切れないのがきついところ。着々と物語は積み上がってるとは思いますし、楽しみな作品ですけど、どこかではじけるような面白さが来てほしいな…(遠い目)。
 また、早くも3巻が発売決定という一報が来てるので、今度こそ期待したいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

再生のパラダイムシフトⅡ ダブル・トリガー レビュー

1巻で残留体の存在する純白の花瞳(エルダーアイリス)と離れたゆえ、必然的に物語の中心は学園へ。 …が残留体や花瞳の事など放置でやる事とも思えませんし、そもそも、何で残留 ...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。