コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天翔虎(カルーディア)の軍師

 こんばんは、管理人でございます。疲れたから少し休憩入れたら、ますますテンション下がったでござる。そんなわけで、すでにかなりバテバテ状態なので、若干荒れた文章になってもお察しください。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「天翔虎(カルーディア)の軍師」。「カナクのキセキ」の作者が贈る新シリーズとなる当シリーズですが、実は個人的に珍しく発売前から楽しみにしてたシリーズでもあります。作者買いというわけでもなく、何か個人的に思い入れがあったという訳でもなく、短編の内容が結構クリティカルだったから、というのが理由ですが、ここまで無策で特攻したのは久しぶりかもしれない…。

 そんなわけで、さっそく感想に参ります。本作品を簡単に解説すると、故郷の国を滅ぼされ、国の王族…といいますか幼なじみだった王女が捕えられた主人公:シェル が、軍師としての修業を重ね、やがて全てを取り戻すために立ち上がると、だいたいそんな話。ライバルとなるロリ軍師ことユリカ を始め、1巻時点でややハーレム構造が完成しつつありますが、聞いた話だと「カナクのキセキ」が純愛路線だったとのことなので、そこら辺はあまり心配しなくてよさげですかね。作品の方向性としても、ヒロインで幼なじみで王女であるミオ が絶対的なヒロインとなることがほぼ確定で、彼女自身にそうなるだけのヒロイン力が備わってるはずですし。まあ、某所調べだとロリ軍師人気がすごいみたいですが、その辺はまあ気にしないという事でw

 ただ、作品の方向性・題材(軍師もの・戦記もの)は個人的に面白いと思うものの、如何せん平坦に思えてしまうのが結構なマイナスかと。ストレートに言えば、キャラの持ち味とか背景の描かれ方が全然足りないです。本編では一切スルーされた(短編の話で解説)フレイがシェルを慕ってる理由とか、幼馴染同士なのに過去のシーンが描かれないシェル×ミオ(王女)×エナ(宰相)とか…その辺の欠落のせいで、ただ単に都合よく配置された感が否めないです。尺の都合でカットされたのかもしれませんが、この辺はあった方が良かった気がします。あるいは、現在発売中のドラゴンマガジン最新号掲載の短編を読んでおくことをお勧め。
 あと、戦記ものの中でも特に地味になりがちな「軍師」を主人公に据えてるだけあって、主人公がとにかく貧弱に思えました。加えて、軍師なのに関わらず、割と主人公が前線に立つタイプなのが少々問題かもしれません。ここから渋いおじさん武将とか出てきて、戦力的にも戦闘描写に重厚感が出る展開を期待したいですし、出来ればシェルにはそこまで前に出てほしくないのが本音。


 とまあ、こんな感じですかね。一応ある程度褒めるつもりで書き始めたのですが、気づけば不満ばっかが噴出してて、自分でもびっくり…。実際問題、つまらなくはないし、今後に期待を持てるであろうシリーズではあるのですが、現時点では課題が多いです。もっとも、早くも第2巻発売が決定したとのことですし、そこでどれだけキャラの掘り下げが来るかで、この作品の先行きが決まるとも思えます。
 何にしても、ライトに読める軍師ものということで、間口は広い作品なので、このジャンルの入り口としてはお勧めは出来る、そんな作品。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。