コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

断裁分離のクライムエッジ #03 「雷雲をわたれ」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。買ってきたゲームをやりたいのに、中々記事が仕上がらなくて出来ねえ…。俺、この辺の作業終わったらゲームやるんだ(フラグ)

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


法子:「その子を守れ」
 今回の話は、切くんの初戦闘を描いた話。前回の病子の件も戦闘と言えなくもありませんが、まあ今回が初「本格」戦闘ということで、どうか一つw

 前回ラストで話に出てきた殺人犯こと「破砕粉壊のスレジハンマ」ですが、どうも正気を失って暴れ回ってる状況とのこと。なぜそうなってるかと言えば、彼にインステッド・・・つまり呪いの代償行為を引き受ける存在がいないため。それ故、呪いを解くという名目で祝ちゃんに襲い掛かってくる可能性が低いと思われましたが、スレジハンマが襲った現場をたまたま祝ちゃんが見てしまい、ガクブル。それを察して、家に泊まり込むことを決めるとは切くんは本当ジェントルマンですね、襲い掛かるという考えが一切なければ。まあ、祝ちゃんと言うよりも祝ちゃんの「髪の毛」にぞっこんである以上、何かしらの行為に至る可能性はそこまで高くないと思いたいです。
 それにしても、洋館に男女2人、女の子が入浴中というタイミングで上がりこんでくるとは、スレジハンマさんは意外とお約束に従う人なんですねw そこに落雷+停電が加わったとなると、もう役満レベル…てなわけで、立てたフラグを回収すべくスレジハンマさんが屋敷に押しかけてきます。思えば、前回のプロフェッサの発言と言い、随所に遭遇フラグ立ててたんだなと、改めて実感。

 スレジハンマから逃れるべく、祝ちゃんと共に部屋を移動。とは言っても、逃げているだけではじり貧になるだけであって、最終的には戦うしかないと。「戦う」ことと「守る」こと、その二つの覚悟を固めたせいか、一気に切くんの戦闘力はアップし、とりあえず戦闘不能に陥るまで腱を切って、この場は決着。殺害遺品=壊せない武器 であるならば、狙うのは持ち主であるオーサーしかありませんが、しかし人の肉体を簡単に切り刻めるレベルの鋭さって結構危ない気が。そりゃ、カミソリとかでも結構傷つけられますが、鋏が武器としてどうかと思ってただけにこれは意外。それと、覚悟を決めてしまったことで一気に動き・動体視力が良くなったように思えたのも、後のことを考えると少し怖い部分。今まで殺人衝動に駆られなかったのに、これが起点になるように思えますし。
 ともあれ、無事祝ちゃんを守ったことで、本格的に切くんも戦いに巻き込まれることが確定ですかね。前回までの話ならば、まだ逃げ道がありましたが、これでもう後戻りはできません。ところで、不殺を貫いたはずが、結局スレジハンマが死んだというのは、果たしてどう情勢に影響を与えるんですかね…。


 というわけで、第3話。基本的に戦闘が中二臭さとダサさが混ざっていて、B級感が否めないのは相変わらずですが、ここまでの話で切くんの覚悟を、段階を踏みながら描いていったのは良かった気がします。それこそ、今回でうまく纏まりすぎてて二度目の「いい最終回」と言われても全然違和感ないです。
 また、今回は何といいますかロリの人とか特殊性癖持ちの人を刺激するような描写があって、成年漫画出身の作者らしい見せ場がかなり頑張って再現されてましたね。あそこで修正かけなかったのは勝負賭けたなと。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。