コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

機巧少女は傷つかない 10 Facing "Target Gold"

 こんばんは、管理人でございます。何か知らないけど、指のしびれが未だに取れない…。今度は寒さでやられたのだろうか?


 今回紹介するのは、MF文庫Jから刊行されている「機巧少女は傷つかない 10 Facing "Target Gold"」。先日TVアニメ化が発表された当シリーズ・・・シリーズ開始当時から追いかけている身としては、「ついに!」と言った感じで驚きと歓喜の声を上げてしましましたよ! なんせ、最初からメディアミックス前提として立ち上げられて、あとはアニメ化しかないという状況が長かったわけですし。まあ、その割に感想上げるのが遅いと言うツッコミが飛んできそうな気配もしますが、その辺は軽くスルーで。確かに、一月発売の本を今更取り上げるというのは遅いってレベルじゃないですけどさ。

 そんなわけで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、学院及び国を巻き込んだ一大事に対し、雷真たち生徒たちが立ち向かう、簡単に言えばそんな話。前巻ラストで玉座をもぎ取ったエドマンドの側近だったライコネンが、これまた前巻の事件を受けて監査役として学園に潜入。そして、ラザフォードが学園長の職を追われ、夜会が中断されるという事態に発展、ついでに"結社"が学園を襲撃してきて云々と…。ラウンズがほぼ出揃って、ここからは一気に収束していく流れかと思ってましたが、なるほどこうきましたか。ライコネンと雷真との因縁も結構長いこと描かれてるますけど、ここでの再戦を通して雷真の成長が如実に描かれていたのはすごく胸熱。シャルやロキ&フレイなんかは個別戦闘で描かれているので、パワーアップしてる感じは伝わってくるのですが、雷真は目標が目標なだけに強さのバロメーターが分かりにくいんですよね、やはり。何にしても、ラウンズの上位陣だけでなく、魔王(ワイズマン)クラスに届く実力をつけてるというのが端的に示したのは良かったと思います。
 それと、夜会が中断されたという背景もあってか、普段はライバル同士であるラウンズの面々や、他の生徒たちが団結して作戦に臨んでると言う図式、これは中々貴重ですね。といいますか、アスラが出し惜しみするわけでなく、非常事態には全力を尽くすという熱い一面があるというのが知れたのは個人的にポイント高いです。ただの二位(笑)じゃなかったので。

 そして、今回の表紙を飾ったのがマグナスの自動人形:戦隊(スコードロン)の一体である火垂でしたが、表紙を飾るだけあってキャラの掘り下げがかなりありましたね。基本的に戦隊=マグナスに忠実な人形 という印象を持っていましたが、蓋を開ければ雪月花の三姉妹なんかとかなり近い描かれ方でしたね。だからと言って、ナチュラルに口説くなって話ですけどね…雷真! それに関連して、マグナスの立ち位置も徐々に見えつつあるわけですが、これはもしやのイタチフラグ? 元々何かを匂わせてましたけど、今回の話でほぼ確定とみて良さげかも。


 とまあ、こんな感じですか。夜会は進行してないですが、その分舞台が一気に広がり、読み応えがあったと思います。そして、最後の最後でこの展開…これは反則! 新たに出てきた雷真の剣の師匠(推定)もそうですが、ここからどのような形で収まるのか、ますます目が離せないです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。