コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる #08 「映画館Wデートで修羅場」 (ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。微妙に寝坊したようなこの感じ、果たしてどうしたものか? 一応全力は尽くすつもりですが、大慌てになりそう。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

千和:「あははは、えーくんかわすのうまいねー」
 今回の話は、映画鑑賞の話。勘のいい人なら、この辺で愛衣の正体を確信したんじゃないかと思える、そんな話。

 真涼の指令で、愛衣の弱みの筆頭である「彼氏の存在」を探る鋭太。一応、彼が調べた・・・といいますか本人の言葉を信じる限りはいるに違いないといったところですが、疑り深い真涼はそれを信じる気ゼロ。とは言っても、疑り深いと言うレベルではなく、あえて言うなら人を信じられないという感じで、本人もそれをいくらか気にしてる様子も感じ取れます。だからこそ、鋭太が窘めた件も素直に非を認めたわけですし。
 そんな事情もあってか、今度は、愛衣を鋭太に惚れさせるという作戦に変更。ただ、個人的な意見を言えば、いくら100%ないとしてもこういったNTRルートを提案するのは勘弁願いたいところ。本当にミッチェルいたらどうするんだよ・・・。ちなみに、決行するのは鋭太が愛衣とカオルと3人で映画を見に行く日。その日に、自演乙の誰かが飛び入り参加してダブルデートの形に持ち込み、うまいこと愛衣と鋭太を二人きりに。他の部員は監視しながら指示を飛ばす、そんな形式。ですが、ヒメが不参加を決めたために結局千和(飛び入り参加役)・真涼(監視兼司令塔)という、いつもの組み合わせに。

 一方、愛衣についてですが、今回色々分かったことがあります。まず一つは、ティーン向け雑誌「パチレモン」にて、カリスマと称されるだけの女子力を有してること。PN「アイちゃん大勝利」と、ひとまず本名は隠されてますが、占いの内容を実践してることや普段の口癖から考えて間違いないかと。
 そして、もう一つがやはり過去に鋭太とのかかわりがあるらしいということ。前回、幼稚園時代に告白されたことがあるという話が出ていたことと、今回の昔話の中であえて「幼稚園時代」のことを聞いてきたことを考えると、まあそういうことですよね。それにしても、幼馴染と昔の恋人がバトる映画を、よりによってこの組み合わせで見に行くのは何かミスった感がw いくら絶叫イベントとは言っても、普通に迷惑になる気がします。それと、「幼馴染にさえなれなかった」というフレーズは、色んな意味で重いわ…。

 結局の話としては、色々状況をかき乱しながらも、愛衣の弱みは握れず終了。よりによって、発案者のチョンボで実行不可能ってそりゃないぜw


 そんなわけで、愛衣編2話目ですが、愛衣のアホ可愛さはやはりいい感じ。どこまで行ってもただのコメディリリーフにしかならなそうな予感がするのはさておきとしても、一番女子としての魅力は感じます。
ところで、今更気づいたのですが、アニメ版ってまぐれ刑事ネタが全カットされてるような・・・? 別に必要と言うわけではありませんが、ドヤ顔で語りはじめる鋭太→それをあっさり訂正する愛衣 というシーンが原作にあったのを思い出したので、ちょっとだけ物足りなさを感じました。

 次回で、原作3巻分終了の模様。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。