コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

正義の味方の味方の味方

 こんばんは、管理人でございます。バイトが終わった直後くらいから頭痛が収まらないわけで、これが実に困りもの。ひとまず文章書くのに支障がなければいいのですけど…。


 今回紹介するのは、電撃文庫より刊行されている「正義の味方の味方の味方」。「おかま」こと、「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」で悪い意味で有名になった某作者の復帰作(?)となります。名前を変えてどこかで再デビューしてるのではという噂もありましたが、まさかのPNそのままで同レーベルから新作が出るとは思わなんだ・・・。ひとまず、それがどう影響するかが気になったところ。

 そんなわけで、さっそく感想に参ります。まず最初に、今作品の内容について、簡単に説明すると、解体した悪の結社の元首領の少女:凛奈 と、彼女に付き従う怪人:燈也 が先代・・・凛奈の祖父の知り合い経由で『正義の味方育成学校』へ編入する話。さらに補足すると、彼女らが編入するのはDH(ダークヒーローの略)科という、訳ありの人物ばかりが集められた学級でもあり、彼女らと知り合ったキャラたちは見た目的にも中身的にも一癖あるキャラばかり。
 ぶっちゃけた話をすると、この作品を読んだ限りで、ある程度前作の見どころがどこだったのかが分かる、そんな作品だと思いました。設定のごった煮感と掛け合い、この辺はおそらく前作においても見られたところ。掛け合いと言えば、「おかま」ではバカテスのトレースと言われましたが、確かに元のテンポがそれに近いですね。ですが、多分言われないと「似た雰囲気」という感じでスルーされるレベルだと思います。実のところ、「おかま」の方を読んでないので何とも言い難いところではあるのですが、この辺は推測込みというのを踏まえて、ということでどうか一つ。

 そして、作品全体の感想としましては、良くも悪くも無難な出来で、色んな意味で当てが外れたなと、そんな感じ。極端にどちらかに触れてるのであれば、それをネタに意見を言うこともできるのですが、「普通に面白い」レベルだっただけにいまいちコメントに困るw 強いて言えば、「守られ続けるために弱いままであり続ける」というくだりがあった辺りは自分好みに熱い展開で、そこは中々上手いなと。それ以外の部分は、特に目新しい部分を感じられないという具合でインパクトは弱かったので、続巻予定ならば徐々に味が出ればよくなると思います。何にしても、リスタートした以上は活躍をお祈りしたい、そんな作品&作者でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。