コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

再生のパラダイムシフト リ・ユニオン

 こんばんは、管理人でございます。最近、ちょっと間食癖がひどいと言われるので、一旦やめてみようかなと、ちょっと考え中。まあ、年齢考えるとそろそろ脂肪に結びつく頃合いなので、タイミング的には悪くないのかもしれないですが。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「再生のパラダイムシフト リ・ユニオン」という作品。こちらは第24回ファンタジア大賞にて大賞&読書賞を受賞したことで、色んな意味で話題になりましたね。もっとも、一番話題になったのは帯に書かれている「ライトノベルの歴史を変える一冊」という煽りなのかもしれないですが…。

 さて、さっそく感想に参ります。今作の内容としましては、世界が一度滅びながらも、そこからしぶとく生き残った人類が生き残ったとされる近未来を舞台に、思考昇華(パラダイムシフト)を使う少年:燈矢 と記憶喪失の少女:ほのみ が出会い、そして新たな存在意義を見出す話。正直、かなり端折った&格好つけた風な説明になってしまいましたが、一言で言えば王道なボーイミーツガールストーリーですw
 そして、読んでみた感想ですが、厳しく言えば「よく出来てる・・・けど、上がったハードルは越えなかった」という印象を抱くような、そんなところ。個人的には、これくらい王道なノリでストーリーが進行していて、且つ見せ場がしっかり盛り上がるように描けていることで十分評価したいという気持ちはあるのですが、その一方で奇抜さや緻密さに欠けるという意見がちらほら上がるのも分からなくはないので、ちょいとコメントが難しいところ。といいますか、「大賞受賞作」という看板と「ライトノベルの歴史を変える一冊」という売り文句が悪い意味でハードル上げてて、ちょっと不憫に思えました。ぶっちゃけた話、その辺のしがらみを無しにして読んだとしたら、普通に楽しめる+それなりに面白い というレベルには評価されると思ってます。少なくとも、去年の「ライジン×ライジン」よりもレーベルカラーに合った作品だと思えますし。

 話を戻します。前述の通り、この作品はかなり王道展開を地で行っているわけで、それ故に大きく予想を裏切るような展開が用意されているわけじゃないです。もっと言えば、先だって公開されてるPVが軽くネタバレ入ってるという逆風さえもあります。ですが、これからのシリーズ化のしやすさを考えると、いい具合に要素がばら撒かれていて、個人的には今後に期待したい作品だと思っています。


 とまあ、こんな感じですかね。途中からもはや感想とも言い難い話になってますが、とにかく期待値としては中々だと思いました。すでに続巻が決まってるとの話ですし、引き続き応援していきたいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。