コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

不完全神性機関イリス 3 -三大世界の反逆者-

 こんばんは、管理人でございます。バイトから帰ってきてこの方、手の凍えが治りきらないので、正直キーボード打つのもしんどいと言う…。ひとまず、速度が落ちること覚悟で書き進めたいと思います。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「不完全神性機関イリス 3 -三大世界の反逆者-」と言う作品。同レーベルから刊行されている「氷結鏡界のエデン」のスピンオフシリーズ第三弾である本作品ですが、巻末にある通りそろそろ終わりが見えてるようで。具体的にはあと2巻、刊行ペースを考えると今年中に完結というところですかね。ということは、そろそろエデンの方も手を出す時期なのか??

 そんなわけで、感想に参ります。今巻の内容としては、覇権戦争開幕編…と見せかけた、エデンとのミッシングリンクが徐々に明らかになってくる、そんな話。先ほどの言い方からして何となくわかると思いますが、自分はエデンを読んでなかったので既読者の気持ちが伝わりにくく、その意味では初見には若干きつい内容になっていた気がしましたね。最悪、あらすじをググるとかすれば、ある程度内容は把握できますけど、この辺りからは先にエデンを読んでから読んだ方が楽しめるのはおそらく間違いないです。
 さて、ここからは内容をかいつまんで話すことにします。今巻で浮上した「エデン・プロジェクト」なる計画、それはすなわち魔笛によって汚染された大地を結界で切り離して隔離、そして幽幻種は魔笛に汚染された「穢歌の庭」へ閉じ込める計画。もうちょっと大雑把な言い方をすると、エデンの世界で描かれている世界を目指す壮大な計画ですか。それを達成するために、前巻登場の紗砂・今巻から登場のヨミ&ツァリ・凪&イリス が結託し、その結果が後の未来へと繋がっていく、その絵図がようやく見えてきたと。というか、さりげなくツァリもといユトの正体ばれが普通に来たことが驚き。確か、エデンだと「それっぽい」という段階で止まってると言う話なのに、惜しげもなく正体判明とは…。

 しかし、絵図が見えたところで、それを良しとしない存在もあるわけで、それが行方不明とされていた最強の機神:剣帝マグナ。機神として目覚める条件の一つが「自我の発生」であると今回改めて語られましたが、それは逆に機神の力を幽幻種を屠るためだけに使われるとは限らないという可能性の浮上であり、この件はそのよく分かる一例となりましたね。なにせ、自ら魔笛を受け入れ、自らの意思で生みの親であるヨミに危害を加えてるわけですし…。それと、彼が計画を阻止しようと考える理由は、凪がまだ言えてない「イリスが計画に必要な理由」であったり、所々に匂わせてる人間とアンドロイドの共存、この二つの要因が関係してる予感。だとすると、最後はちょっと悲しい話になりそうな予感が無きにしも…まあ凪もエデンに出てきたという話ですけどw 


 とりあえず、こんなところでしょうか。終わりが見えているだけあって、惜しげもなく重要ワード&人物が続々出てきて、展開的にもすごく盛り上がってて、とにかく次が気になりますね。それだけに、刊行が半年に一冊というのが中々もどかしいです。また、この期に及んで、未だにラブコメ色は強めなので、この際最後までその辺のバランスが崩れないことを願ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。