コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アスラクライン 13 さくらさくら

 こんばんは、管理人でございます。ついさっき更新した本館の冒頭でも触れましたが、色々立て込んでるのでさっさと行きたいと思います。


 今回紹介するのは、電撃文庫より刊行されている「アスラクライン 13 さくらさくら」。当ブログでも何度目になるか分からないほど取り上げている作品の第13弾。年末に集中特集なんてやってしまったばかりに、一気に巻数が飛んだ感じはあるものの、おおよそ予定通りと言うことで一つw

 さっそく感想に参りますが、今巻の内容としては、智春たちの2巡目の世界への帰還&最終決戦というもの。前巻の「黒鐵・改」および嵩月との約束の件でおおよそ御膳立てが整ったのではないかと思っていましたが、その勢いのまま一気に突っ走ってくれた、というのが正直な感想。それと、やや記憶がおぼろげになっているアニメ版終盤の展開と比較するとしたら、一長一短というところですか。本当おぼろげなので何とも言い難いのですが、悪魔絡みで関わってきたキャラ中心に出番が割り振られ、全てにピリオドを打ったのがアニメ版だとしたら、樋口を始め、直接悪魔絡みの案件に関わりがない、あるいはやや薄いキャラに対して出番がかなり割り振られてて、智春の存在を繋ぎ止めてるのが原作版、そのような風に取れます。微妙にネタバレチックな話になってますが、要するに人間ドラマの見せ方的には原作版の描き方の方が好きです。
 そして何よりも、正ヒロイン争いの結末ですが…これまた判断しかねるところ。既成事実を作っちゃった嵩月の勝利なのか、それとも心の嫁である操緒に分配が上がるのか。まあ、個人的な意見を述べさせてもらうと、やはり操緒が優勢ですかね。ぶっちゃけた話、今まではそこまで魅力的なキャラだとは思えなかったのですが、操緒が副葬処女になった経緯が明かされ、それを念頭にここまでの立場を考えてくると、もう…ね。おまけに、最後の最後はあんな感じでしたし、何だかんだで正ヒロインにふさわしい存在ではないかと、そう思えるくらいには好感度が上がりました。ちなみに、自分はひかり先輩派(笑)。

 あとは、最後に出てきた少女こと和葉について少しだけ触れようかと。知っての通り、彼女は本編未登場(巻末描き下ろしの短編にのみ登場)の、智春の義妹。このタイミングでわざわざ出してきたこと、彼女のそばに斜影体らしき少女:咲華 が出てきたこと、それといつぞやに出てきた銀色のトランクが彼女たちの手に渡ったこと、ここから考えられるのは、やはりまた別の物語の始まりを告げるものではないかということですかね。といいますか、これでシリーズ完結と言う流れにならないのかと言うのが一番の驚きだったりw


 こんな感じですか。およそ書きたいことは本文中に書いておいたので、ここから先に何か付け足そうという気分ではないのですが、せっかくなので一言だけ感想を添えようと思います。とりあえず「夏目智春とその周辺の人物を巡る話」としては、比較的きれいに伏線が回収され、いい感じで終わっていますが、その中で唯一と言っていいほどに回収されてないのがエピローグ部分以降の話、個人的にはそうだと思います。故に、それが語られたとき、この作品が真の完結を迎える、そう思える作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。