コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

BIG-4 4.続・四天王選手権!くそ、たまには、ぼくもちょっと本気出すか!?

 こんばんは、管理人でございます。今日から大晦日までは、プライベートの用事を合わせて休みなしと言う行軍を歩むことになったのですが…早くも1日目から挫けそうw とりあえず、これだけ寒いと外で作業するのがすごくしんどいわけで、実質外にいる時間の方が長いんじゃないかという自分にとっては割ときついです。それと、寒がりが嫌な方面に作用してるのも追加で。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「BIG-4 4.続・四天王選手権!くそ、たまには、ぼくもちょっと本気出すか!?」。タイトルが結構長くて分かりにくいですが、要するに大楽さんの「BIG-4」というシリーズの第4巻です。シリーズ初の続き物となった三巻から引き継ぐ形で話がスタートするこの作品ですが…いろんな意味ですごいですw

 そんなわけで、感想に参ります。今巻の内容としては、前巻ラストで閉じ込められた山田たちの脱出劇&選手権準決勝+決勝編。現在の主流に逆らいまくってる山田たち最強四天王に対して相変わらず逆風が吹きまくってる一方で、今まで拳を交えてきたライバルたちが彼らに力をくれるという展開が定番でありつつもすごく熱く描かれてて、年甲斐もなくわくわくしました。特に、前回アディと戦ったミリアや、現BIG-4にして最強四天王のフォロワーでもある「モノマネ四天王」が本当いいキャラしてたと思います。ビジュアル的なそっくり度が激しく低い(推定)のと、「モノマネ四天王」というネーミングからして完全ネタキャラだと思ってたのに、「BIG-4」の名前を冠するだけあってかなりの強敵だったのは驚いた…。まあ、種を明かせば、「モノマネ四天王」の名前の通りの技だったわけですが、力を使い果たしそうになっても必死で喰らいつこうとする彼らが本当好敵手でしたわ。

 そして、決勝に進んだ先に待っていたのが、元・「知」のヴェルムドア率いる裏四天王。何やらヴェルムドア以外にも因縁のありそうなキャラがいたみたいですが、そいつらも含めて「過保護」というオチで片がつくとはw 前巻の一件含めて全部決勝への布石とか、途中から何となく分かってはいたものの、まさか本当にそうなるとは思いませんでした。おまけに、それでいて、最後のヴェルムドアと戦ったのが山田という展開。今まではほぼハッタリで乗り切ってきた彼が、実質初めて実力で勝ちをもぎ取ったというのがすごく胸熱。あんなの見せられたら、アディやユキじゃなくても惚れるわぁ。


 とまあ、こんな感じですか。今までのいい話路線を継承しつつ、随所随所で熱い展開があって、同時に作者の少年漫画リスペクトが感じられて、おそらく今までの巻の中で一番面白かったんじゃないかと。大楽さんの作品の感想を調べると、随所随所で出てくる熱い展開が好評みたいですが、今巻を読んでてその意味がよく分かりました。

 次巻は、いよいよ魔王との謁見が果たされるのでしょうか? 何気に話を畳に来てるようにも思えますけど、何としても続いてほしいところ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。