コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

中二病でも恋がしたい! #10 「聖母の…弁当箱(パンドラズ・ボックス)」(ミラー)

 こんばんは、管理人です。今朝よく分からないながらも唾液に血が混ざっていて、めっちゃおどろきました。実際問題、その内吐血するんじゃないかなーというコンディションとも言えなくもないわけで、少し節制に努めようと決めました。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

勇太:「六花、眼帯外せ」
 今回の話は、六花と勇太の想いがようやく通じる話…だけど、ラストのアレはどう受け取るべきなのかは少し判断に困るところ。

 あの事件から少しして尚、六花と勇太の心境は非常に複雑な模様。すると、それぞれの元に偶然現れた一色&凸守が話を聞き、その上で二人を導きます。ところで、凸守のあれってやっぱ百合趣味とか、多分そっちの方でいいんですよね? だとすると、六花をマスターとして慕ってたのも、度を越えないレベルの愛情表現(ラブ的な意味)だったとか? まあ、だからといって、六花を独占しようなどとは考えずに、ちゃんと空気読んで身を引く辺り一応はノーマルだとしておいてもいいかも。ちなみに、一色はどこまで行っても茶番扱い…。
 そんなわけで、一色に背中を押され、六花の元へ向かった勇太は彼女を街に連れ出し、そしてついに想いを告白。中二病台詞で告白しようとしたところを見られるのは確かに恥ずかしいですが、中断してテイク2はもっと恥ずかしいと思うw 当然のことながら、六花の返事もおKなわけですが、初々しさが本当貯まらんです。それに夜景で白塗りになってるのが若干赤く見えるのか、それとも恥ずかしさで真っ赤になってるのが白い光で薄くなってるのか、微妙に判断が難しい2人の肌の描き方がグッドでした。

 ところが、それから間もなくして、現状を揺るがす事実が発覚。それは、十花さんのイタリア行き決定の一報。今までも、栄養士として働いているとか、働いてる先が結構すごいところとか、さりげなくすごい人アピールがありましたけど、その辺を見込まれての話みたいです。しかし、そうなると十花さんと同居してる六花はどうなるのかという問題が出てきます。
 結論からいうと、十花さんの代わりに六花たちの母親が一緒に住むことになるので、ひとまず六花が引っ越すという事態には発展せず。ですが、母親に対して六花が心を開こうとしないと言う事情もあるので、そっちはそっちで問題。そのため、十花さんは勇太に、拒絶の象徴である六花の中二病をどうにかしてもらうように打診。当然、彼氏として六花を守る側に立つ勇太でしたが、
文化祭当日偶然小鳥遊母と遭遇し、少し心境に変化が現れます。心を開いてくれない娘のために、気持ちが伝わるかどうかも定かではないままにお弁当を作り届ける姿…実際文章にしてみるとめっちゃ重いです。タイトルで弁当箱(パンドラズ・ボックス)とついてるとおり、ある意味開けてはいけない箱を勇太が開けてしまった風にさえ思えました。

 そのような事情があり、勇太はついに六花に眼帯を外すように進言。その後のことはキンクリ状態で何があったのかは定かではないですが、何にしても二人の関係を揺るがすレベルの展開があったのだと容易に想像できます。そんな中で、後夜祭の舞台で父親の好きだった歌を歌い、眼帯(ついでにカラコンも)を外すという行動を取った、六花の答えが何なのか気になります!

 と言う話でしたが、落差が随分激しかったですね。以前から、第10話については関係者のハードルの引き上げがあり、どう転がるのかに注目してましたが、確かに色んな意味で衝撃的であり、同時に落差が激し過ぎる話だったと。演出的にも、相当気合入ってましたし、見どころはすごく多かったと思います。
 ところで、カットされたモリサマーvsミョルニルハンマーのショーは、円盤の映像特典か何かで収録されるんですよね?(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 中二病でも恋がしたい! 第10話 「聖母の…弁当箱(パンドラズ・ボックス)」

投稿者・ピッコロ 中二病でも恋がしたい!(2011/05/15)虎虎商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロ

中二病でも恋がしたい! Episode X 聖母の…弁当箱(パンドラズ・ボックス) レビュー

六花を抱きしめた事によって勇太の中でも急激に 六花への想いが大きくなる。夜の学校で布きれに 顔をうずめて「六花…」と呟くと、一色に聞かれたw 一色「六花ぁ?」 ワロタわ。一
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。