コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ムシウタ 13 夢醒める迷宮(下)

 こんばんは、管理人でございます。ここ最近、シフトが入った日に限ってすごい忙しいということが多いので、体力がガリガリと削られてる感パない。平日もたいてい朝から学校で、休みもまともに取れないという状態なので、ちょいと焦りががが。


 今回紹介するのは、角川スニーカー文庫より刊行されている「ムシウタ 13 夢醒める迷宮(下)」。今年の7月に発売された上巻からわずか3か月で発売された本作。ここ数巻の刊行ペースを考えると、本当信じられないくらいのスピードですが、前巻があの状態で終わりだったのでこれは本当に嬉しい。そして、これを機に刊行ペースが早くなってくれればいいなと思ってるのですが…期待しないで待った方がいいんですかね。

 そんなわけで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、前巻で割り振られたOPS3こと「大喰い殲滅作戦」を担当する詩歌・むしばねサイド&茶味一味の動きと、前巻でかなり絶望的な状況に陥ったOPS1とOPS2の後日談を描いたもの。ぶっちゃけた話、三匹目ことアリアのネックレスの件がある程度片付いてると言う前提で考えていたせいか、当初はそこまで尺を割くような話があるのかと思っていましたが、まさかここでC、もとい愛理衣(えりい)のバックボーンが語られる展開になるとは予想外。まあ、ここ数巻くらいで一番渦中にあるのが彼女なのは間違いないですし、bug編で語られた姫プレイの話だけで到底補完しきれるわけじゃなかったので、ここで入れるのは間違いではないと思いました。意外だったのは、行動する役目が詩歌だったこと。あれだけ想われてたかっこうじゃないんかいw
 そんな話の中でも、ちゃんと本筋らしい部分は進み…といいますか、最後の舞台が概ね整ったという場面まで進みました。少し前から匂わせていた土師さんの復活もそうですし、何よりもある種物語の大きな目標だった「一号指定の集結」(の条件が揃う)というのが印象的でした。ですが、レイディバードの件は全く予想してなかった…。分身兜さんのインパクトに囚われすぎて忘れてましたが、ミミックの役割はこうでしたか。中々癖の強いキャラでしたけど、こういう形で退場(するかもしれない)というのはちょい惜しい。さすがにこのまま戻れない…なんてことはない、ですよね?

 あと、もう一つ。物語の一番の肝でもあった、かっこう=大助 というのが詩歌に露見したのは、個人的にすごく重要だと思いました。このままふたるさんと化すのか、それともちゃんと立ち直れるのか、めっちゃ気になる!


 とまあ、こんな感じでしょうか。間違いなく終盤に近付いているのに、中々終わりが見えないのがすごくやきもきさせられる…続きはよ! というのが、とりあえず総評。また、「続く」と言う形で終わった前巻と比べても、どこか絶望感が漂ってしょうがないので、次巻はもうちょっとプラスに働く展開プリーズ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。