コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アスラクライン 5 洛高アンダーワールド

 こんばんは、管理人でございます。まだ10月と言うのに、早くも寒さで指先でかじかんできやがりましたぜ…。もうちょっとひどくなると、冗談抜きでブログ更新作業にも支障をきたすので、結構深刻な問題です。

 今回紹介するのは、電撃文庫より刊行されている「アスラクライン 5 洛高アンダーワールド」。現在、自分が絶賛読み進めているシリーズの第5巻ですが、こちらはどうにかあまり期間を開けないでの投稿となりました。この調子で6巻以降も…となればいいのですが、さすがに厳しいですかね。できるとしても、せいぜい2巻単位での連続投稿がいいところみたいなので。ですが、できるだけ早めに次の巻の感想を投稿したい…という意思表示だけはしておきたいと思います。


 今巻の内容としては、第二生徒会会長:倉澤立夏&美化委員長のひかり先輩登場の話。確か、アニメ版ではやってない話(正確に言えば、かなり流れが変更になった話)だと記憶しますが、そもそも立夏先輩の初登場がずれた時点でお察しくださいってことですか。それと、アニメ版でカットされたひかり先輩が可愛すぎて、ちょっとぐぬぬしたい気分…。
 そんなわけで、原作では初登場となる立夏先輩ですが、その本性は守銭奴。第二生徒会が「地獄の沙汰も金次第」とかその手の性質だったと思いますが、彼女の性格はまさにそれを体現していますね。そんな彼女と繋がりのあるひかり先輩ですから、最初のベタベタな出会いからして全部自演乙でした という展開も十分考えられましたけど、さすがにそれはなかったか…。もっとも、本当にそんな展開来てたら、こちらの精神がずたずたにされてた可能性もありますがw ともあれ、ひかり先輩が真正の保護欲掻き立てる系ヒロインでいてくれてよかったですわ。

 また、そのような微妙にラブコメとか陰謀論とかの話を唱える一方で、今巻でいくつか大事な情報が提示されましたね。その内の一つが、洛高地下に眠っている一巡目の世界の遺跡。今までは、機巧魔神(アスラ・マキーナ)とか使い魔(ドウター)、それと悪魔の存在によってのみ語られてきた一巡目の世界でしたが、それ以外にも根拠となる証拠があったんですね。あと、遺跡を守る機巧護衛機(カスタス・マキーナ)もこれが初出しだったと思われ。
 そしてもう一つが「直貴の遺産」とも目される一巡目の世界での記憶(ただし一部)。巻き戻したという事実がある以上、こちらの世界はすでに失われてるはずですが、基本的には作中で語られてる世界と同じでしたね。ただ、一部キャラの関係性にずれが合ったり、悪魔も機巧魔神もないという意味で、必ずしも同じではありません。そんな中で、やはり鍵になっているのが智春と奏、それと直貴。提示されてる情報によると、直貴が何かの実験をしていて、その被験者を務めていたのが奏、そしてその実験の結果、というかそれによってもたらされる事象に関係を持つであろう人物が智春と言ったところでしょうか。智春があそこまで必死になるということは、やはり「彼女」絡みの話、なんでしょうね…。


 とまあ、こんなところでしょうか。相変わらず、最初の切り口から本題へ入っていくまでの流れが非常に鮮やかなわけですが、今巻はそれに加えてキャラクターの魅力が光った話だと思いました。にもかかわらず、なぜアニメ版ではひかり先輩がいないものとされたん…?
 ラストの引きもあってか、次巻への期待が膨らむ、そんな作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。