コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アスラクライン4 秘密の転校生のヒミツ

 こんばんは、管理人でございます。結構リアルに腰をやってしまったかもしれないので、少し労りモードに入らなければならないかもしれない。


今回紹介するのは、電撃文庫より刊行されている「アスラクライン 4 秘密の転校生のヒミツ」。3巻の感想をアップしたときは早めに出しますと言いつつ、結局期間がそこそこ開いてると言う…本当すいませんでした! 言い訳にならない言い訳としては、間に色々挟まないといけないものが意外なほどに多かったわけで。おまけに、小説感想のスパンが今期は少ないということもあってか、中々筆が…。

 そんな言い訳はさておきとして、感想に参ります。今巻の内容としては、前回の感想時にちょこっと触れた「金髪ロリの天才少女登場」に加えて、「頻発する下着ドロ事件の犯人究明」+「悪魔襲撃事件」を合わせた3本立て。下着ドロの話なんかは、良くも悪くもこの作品になぜか組み込まれているライトな要素ですが、まさかこれさえも本筋導入のための布石とはね。具体的な話はひとまず避けますが、ただのお色気釣りだけじゃなかったのは意外。といいますか、さりげなく作者はこういう絡ませ方をするのが上手いのではないかと、ここ数巻の話を読んでて思いました。それでいて、しょうもないオチが付く話も混ぜてくることも少ないので、肩透かし喰らうことも少なくないですがw

 そして、いよいよタイトルにもなっている「アスラクライン」という単語が登場。漢字で書くと「魔神相克者」となるのですが、要は悪魔を倒すために作られた「機巧魔神」と倒すはずの「悪魔」と契約者の間で生まれる「使い魔」を同時に使役している者。これを考えると、今まで佐伯兄が再三してきた警告の意味がだいたい分かってきます。確かに、現状智春が一番可能性ありますしね。
 また、その力を示すための存在として今回登場したのが、加賀篝という魔神相克者。同じく、今巻で初登場の「金髪ロリの天才少女」こと悪魔っ子ニアともちょっとした因縁がある相手でして、また近いうちに出番がありそうな予感がします。むしろ、出ないとおかしいですがw にしても、加賀篝のイケメン&人気ミュージシャン設定にちょいとイラっとした不思議…爆発しろ!!


 とまあ、そんなところでしょうか。巻を重ねるごとに面白くなっているというのは何度か言ってますが、今巻でもだいたい似たような印象を受けました。シリアス一辺倒なだけでなく、一見くだらないと思える話も織り込んでいて、このバランス感がいい!
 ようやくタイトルの意味も判明し、ここから核心に触れる展開が待っているとのことですので、今後も期待できそうな作品です。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。