コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編] 永遠の物語

 こんばんは、管理人でございます。珍しく、それなりに筆が進みそうな勢いなので、今日こそはさらさらと進めたいなと考える所存。


 本日取り上げるのは、昨日に引き続き「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」の感想。昨日は前編の感想を書きましたが、今日は後編の感想。後編の内容としては、前編で語られた話―TVシリーズ第8話ラスト から直結して、TVシリーズ最終話までの話をまとめたもの。例のごとく、話の筋はTVシリーズとほぼ同じなので、あらすじ的な部分は省略されて頂きたい。

 そんなわけで、ここから感想に移りたいと思うのですが、あらすじ部分抜きにして何を語れと(マテ。 といいますか、自分から省略するという話を振っておいて、今更何を言ってるんだと…。まあいいです、割と好き勝手にやらせてもらいます。
 後編部分の見せ場は、やはりほむらの正体(正確には、過去の歩み)が語られる部分と、ワルプルギスの夜を目の当たりにしてまどかが願いを言う部分 この二つだと思います。TVシリーズ見たときは、ほむらの過去が語られた回はいろんな意味で滾りましたが、劇場版で改めて見返してもいいものでした。TVシリーズは全話見て、その上で劇場版に臨んでいる影響上、当時ほどのカタルシスとか泣きポイントではありませんでしたが、今までの描写がここで集約してるのが感じられ、見事。ついでに、ほむらの様子変化とまどかの様子変化がまるで対になるような形で描かれているのに、根っこの部分は一番最初のままというのも、何かいいわ。
 あと、後編ではTVシリーズOPのコネクトが映像ほぼそのまま挿入される部分があったのですが、改めてこのような形で見るとやっぱ「これ」と感じました。ただ、劇場版主題歌のルミナス+途中のコネクト+ED前のコネクト2番という構成は、さすがにしつこかったなと。コネクトをそのまま入れるのであれば、ルミナスを外してもいい気がしましたし。

 ここからは、前編感想の時に予告した、キャラのセリフとその後の展開との関連付けについての話。前回書いたときの話で、ある程度何がいいたいかは分かっていただけた(多分)と思いますが、要するにある台詞が今後の展開を語る上での布石になっていたり、本音と建前がすり替わっているように感じたりと、そんな話。前者の方で例を挙げると、ほむらが転校してきた日のさやかの台詞がそれに当たります。正確にどんなセリフだったかは忘れましたが、ほむらがまどかをじっと見ていた理由が「別の世界で会ったことがある」とか、そんな内容。もちろん、このシーンだとただの冗談みたいな話として描かれていたのですが、まさかこれがフラグとはね…。
 後者については、基本的には魔法少女の台詞全般的に言えるかと。希望を持って、それを叶えるために魔法少女になり、絶望をまき散らす魔女と戦う魔女と戦う存在である一方で、その実態はいずれは魔女になることを運命づけられ、抱いた希望はやがて絶望に転ずるという時点で、何となくリバーシブルな関係性が描かれているわけですが、どの魔法少女においてもほぼ最初の願いと途中~末期の願いが裏返ってる風に思えました。一番顕著な例は杏子ですが、よくよく見てみると、誰も彼もが似たような描写がされてるなと。


 とりあえず、こんな感じでしょうか。本当ならば、もうちょっと詳しく書こうと思ったのですが、時間も時間なのでこの辺で。一度リアルタイムで見て考察、もう一度劇場版で見て改めて考察…その流れが実に面白い、そんな作品でした。来年の夏に来るらしい、完全新作の第3弾が本当に楽しみ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。