コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

中二病でも恋がしたい! #01 「邂逅の…邪王心眼」(ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。珍しく、平日のこんな時間に更新作業などしておりますが、ちょっと時間が空いたという事情とかがあっての特別措置だったりします。なので、しばらくはこんなことはない…と思う。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

勇太:「闇の炎に抱かれて消えろ!」
 今回の話は、主人公勇太とヒロイン六花の出会いの話。分かってはいたけど、色んな意味で騙されたっぜ…。

 高校進学を機に、中二病を卒業し、高校デビューを目論む主人公勇太。そのために、わざわざ中学時代の友人が誰もいないような学校を選び、ついでに過去の遺物を根こそぎ処分しようとする辺り、割と本気度は窺えますね。しかし、そんな彼の野望は、高校の入学式前日、突然家のベランダに降り立った少女によって早くも揺らぐ羽目にw
 少女の名前は、小鳥遊六花。勇太たち家族が住む住宅部屋の真上に住んでいる小鳥遊という人物の妹にして、高校進学を機にそこに身を寄せることになった、そんな話。しかも、偶然にも彼女は勇太と同じ学校に通う予定の生徒で、新しいクラスメイト。彼女について一言で表すならば、中二病真っ盛りなぽんこつ少女。言動は毎度痛々しさを感じざるを得ない一方で、行動に伴った結果を見るとどうにも憎めない…というか可愛いですわ(小動物的な意味で)w ただ、中二病を卒業したいと考える勇太にとって、六花は真逆の存在。そのため、中二病との決別の意も込めて、六花の前で黒歴史グッズを捨てると表明。ですが、最終的には六花に説得されて思いとどまるに至ると。

 とまあ、色んな部分を大分端折った紹介になってしまいましたが、正直な話どのように文章を転がせばいいのか分からないわけで…。というのも、1話の時点でオリジナル要素が盛りだくさんすぎるため。一例としましては、六花と勇太の出会いのシーンとか、六花の住まいについて、それと富樫家の家族構成 もですかね。情報収集をした時点でかなり話を持ってくるという予想はしてたのですが、これはさすがに予想以上。というか、ここまでやられると原作既読というアドバンテージが全く生かされないレベル…。とりあえず、六花の家と勇太の家をあそこまで接近させたのは、若干失敗だったのではと思えなくもないので、いっそ原作を越えてくれと!(追記:家族構成は一応原作通りみたいです。一人出番が増えてて、多く見えただけの模様…まじさーせん(土下座) )
 そして、肝心の作品自体の感想ですが、これまた予想以上に「六花かわいい」方向に話を寄せてきたなと。京アニ作品の系譜からするとやはりこういう方向に持ってくるなと思っていましたが、それでも破壊力と言うかパンチはあって悪くはなかったです。方向性としても妥当なところですし、実質オリジナルっぽい感じで先が読めないので、引き続き継続して感想を書けたらなと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。