コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

グロリアスハーツ 2

 こんばんは、管理人でございます。何かいい感じに筋肉痛とかコリが酷いので、真面目に整体行くことを検討したいところ。さすがに…ねw


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「グロリアスハーツ」の第2巻。最近買ったラノベが中々チェックが追い付かず、何だかんだで後回しになる作品が多くなってる今日この頃。これにしても、確か7月発売なのに、感想を上げるのは10月とか…。しかも、たまに後に買ったやつが優先になるのが本当困りものですわw

 今巻の内容としては、物語の目的の一つであるディニタとの再会&歌姫奪還の話。いきなりこんな話をするのはアレだと思いますが、今巻で最終巻とか…。結構早い段階でディニタとの再会を果たしてたり、仲間フラグが立ってたキャラたちが一堂に会す展開だったり、とにかく初っ端から巻き入ってるなという感じはしましたが、本当不意打ちにも程がありましたね。まあ、それでも1巻時点で未知のものとされてたアルトゥールの能力とその存在について、ギニョルが人間になるための手掛かり、そしてアルトゥールとユズカが本当の意味で立ち直る展開と、最悪こなさなければならない部分はちゃんと回収されていましたし、打ち切りであっても悪くない締め方だったとは思います。それでも、もうちょっと積み重ねがあった上で見たかった展開でもあるので、その意味では本当惜しい…。最近のファンタジア文庫内でもかなりファンタジーしてる作品だったのに。

 とまあ、うだうだ言っててもしょうがないので、ここからはもうちょっと本編に触れた話。今回判明した話の中で一番重要なのは、やはりギニョルとマテリエの関係性について。第1巻でもある程度説明されていますが、ギニョル=マテリエを宿して生まれた人間そっくりの生き物で、マテリエ=ギニョルの心臓で、奪われたり壊されたら死ぬ というのが今までの話。今巻で明かされた話は、その事実に基づいたものではあるのですが、一つだけそれとは違う部分の話がありました。それは、マテリエを奪われることは必ずしも死を意味することではなく、奪われたマテリエを正しく戻せば復活するということ。また、別人のマテリエを入れられても、不具合を起こすリスクはあれどとりあえずはおk ということ。ぶっちゃけた話、ギニョルの人外っぷりを改めて見せつけられたという風にも映りますが、もうちょっと話を広げると死んだと思ってたギニョルとの再会も夢ではないと、そういう話にも繋がります。ついでに言えば、ディニタによれば、欠片が不足してなければ、マテリエの再生も不可能ではないという話も。…ここまでくれば、だいたい言いたいことはわかるかな?
 そして、もう一つ重要な話を挙げると、アルトゥールとユズカの関係性。作中で何度も語られている通り、二人はメリッサを軸にして作られた疑似家族の一員として、兄妹みたいに扱われる立場にあります。ただ、実際問題として、彼は兄妹ではないですし、年頃の男女ということで少なからず意識しているように描写されています。しかし、そうであっても一線を越えては駄目だと自分に言い聞かせ、アルトゥールは今まで通りの関係性を維持しようと試みてます。この辺りの関係が非常に面倒くさくもあり、またもどかしいなと感じましたね。最終的にああいう結末になったからには、二人の関係がより進行するとは考えにくいですし、このどっちつかずな部分が良くも悪くもすごく不完全燃焼…。


 とまあ、こんなところですか。久々に期待できるファンタジー作品が来たと、1巻時点ではかなり期待していただけに、このような終わり方なのは残念。ですが、またいつの日か作者の新作が読めることを願ってます。その意味も込めて、ここに記事をしたためたく思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。