コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ

 こんばんは、管理人です。最近片付けも兼ねて積み本をばしばし崩してるのですが、それでも中々減らないという現象に悩まされてます。まあ、減らしても次から次に買ったり借りたりしてるのが主な原因なのですがw


 さて、今回の更新ですが、少し前にどこかで触れてた…と思う、今年のポケモン映画についての感想記事となります。ここ数年くらいは劇場プレゼントのポケモン目当てで見に行ってるのですが、いい大人が子供たちに混ざって映画を見るという行為に若干の羞恥心を覚えずにはいられないわけで。もっとも、そんな状況でも内容に満足できればそれはそれでいいのですが、今年の作品は如何に?

 まずは、今回の映画の概要について。すごく簡単に言ってしまうと、ゲーム版BWに登場したコバルオンたち「聖剣士」のまだ見習いであるケルディオが、若気の至りでキュレムに挑むものの戦いの途中で逃走、それを追いかけてきたキュレムが色々と面倒なことを引き起こすと、そんな話。サトシたちいつものキャラクターたちはたまたま転がってきたケルディオを助け、彼が「聖剣士」たちを助けるのとキュレムに再び挑むのを後押しする役回り。なので、サトシたちのドラマというよりも、ケルディオが一人前の聖剣士となるための覚悟と成長を描いたドラマという面が強いように思えました。
 そんな本作品ですが、はっきり言ってめっちゃストーリーが薄いです。一応子供向け作品なので、あまり深いドラマ性は要らないのではというフォローもありますが、それでももうちょっとやりようがあったのでは? その辺については色々と言いたいことはあるのですが、あえて一つだけ言わせてもらうと、出会った瞬間からすでに友達で、1~2日一緒にいただけで命がけになれる そんなインスタントな関係性はない! 仮にそれで推し通そうとするのであれば、それだけの深いドラマ性や説得力がないと、さすがにご都合主義なんじゃないかと。いろんなイベントを削って、キュレムとの再戦までをほぼ一直線で描いたのはまあいいとしたいですが、それが仇となってる気がしないでも。
 あとは、上記の話にも関わってくることですが、もうちょっと尺が欲しいですね。とにかく展開がぽんぽん進んで、特に掘り下げもないまま進むので、本当に何も残らない。というか、わざわざ同時上映で短編なんか作らず、その分の尺をこちらに回すべきだったのではないかと本気で思いました。向こうは本当どうでもいい話でしたし、わざわざ入場特典用のメロエッタを出したいがために無理やりねじ込んだ感ありあり…。それと、ももクロもそうか。別にももクロに罪はないですが、何か汚い大人の世界をのぞいてしまった気がして、ちょっと淋しくなりましたわ。


 こんな感じですかね。先立って見に行った友人から話を聞き、ハードルを下げた状態でようやくこのレベルなので、正直あまりお勧めはできませんね。入場特典のメロエッタを取りに行くとか、ケルディオ目当てで買った前売り券を無駄にしないためにとか、それくらいの割り切り方は必要になるかと。一番面白かったのが、上映前に流れたイナイレvsダンボール戦機 の化身とLBXがバトってるところ と言うあたり、本当たかが知れてますので。

 また、来年も新作上映が決定してるらしく、こちらは現在配信中(多分)のゲノセクトが登場予定みたいです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。