コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

氷菓 #20 「あきましておめでとう」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。熱のこもり方がマジパネエっす! そろそろ夏が終わりそうなのに、何でこんな熱いんさ?

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


里志:「あきましておめでとう」
 今回の話は、元日に行った初詣の話。もう殴る壁が存在しないんじゃないかと言うくらいに奉太郎と千反田の反応がむず痒い!!

 父親の名代として神社へ赴く千反田の付き合いで、一緒に初詣へ行くことになった奉太郎。ここで誘いを断らなかった奉太郎もそうですけど、着物を見せびらかしたいとのたまう千反田も明らかにまんざらでもない様子ですよね。前々回、前回 と、着実に関係を深めているのが見てわかるだけに本当アレ…。千反田の着物姿は本当GJとしか言いようがないですし、これ以上俺をどうしたいんや!!

 そんなわけで、千反田と合流したところで、奉太郎はさっそく神社の方へ。二人に応対してた1年生の巫女さんは、占い研究会の十文字さんですね。最初名前聞いたとき、中々思い出せませんでしたが、少し考えたところでようやく思い出しましたw また、同じ神社で摩耶花がバイトをしてるということで、摩耶花の巫女服姿も披露。ウィッグがちょっと気になりましたが、一応似合ってると言っていいはず。ちなみに、里志は一度お参りに来た後ドラマを見るために帰ったとのこと。後でまた来るみたいですが、何気にこれが伏線だったとは…。
 摩耶花の担当がおみくじと言うことで、二人はその場で引くことに。結果、千反田:大吉、奉太郎:凶というものに。というか、凶を初めて見たとか、千反田普段どれだけ運がいいんだw

 摩耶花と別れた後、再び休憩室に戻る二人。ですが、何やら後ろが慌ただしく、落ち着かないと。聞いた話によると、バイトの子が鍋をひっくり返したせいで、振る舞い用の甘酒&お汁粉を作り直す羽目になっててんやわんやだとか何とか。それを聞いて、千反田は手伝いを申し出ますが、動きにくい格好と言うこともあり、調理ではなく蔵から酒粕を取ってくるという役目に。当然奉太郎も千反田と一緒に蔵へ向かうのですが、ここで奉太郎は痛恨のミスを。それは、彼が自信満々に「蔵」だと思って入ったところが「蔵」ではなく「納屋」(≒物置)で、全然見当違いのところであったこと。しかも、それに気づいて振り返ったときには時すでに遅く、たまたま閉まっていたドアに閂が挿し込まれ、そのまま二人は閉じ込められる羽目に。一応いざと言うときのプランはいくつかありますが、出来ればそれを避ける形でするとなると結構な無理ゲー。こういう時こそ携帯電話の出番なのですが、奉太郎も千反田も持っておらず却下。どこまでアナログなんだ、こいつらw それと、千反田の発言が軽く告白めいたものに聞こえる件…名代で来てなければよかったのか??
 とりあえず、代案として採用されたのは、ほんのわずかな隙間から物を落として、届くであろう落し物担当の摩耶花に事情を察してもらうというもので、さっそくトライ。最初に落としたのは千反田のハンカチ、続いて落としたのは奉太郎のサイフ(中身抜き)。しかし、当の摩耶花は届けられたものに違和感は覚えるものの、そこ止まり。遅れて到着した里志も現時点では本当役立たずとしかw

 時間が経つにつれて、寒さが強くなり、二人の身体にも限界が近づいてきます。結構リアルに体調悪そうなのが見えて、緊張感ありましたわ。そんな中で、奉太郎が思い浮かべたのは、里志が向こうにいるのであればほぼ確実に伝わるメッセージ。ただ、そのためには紐が必要となるのですが、あいにく納屋の中にはありません。ここで帯留めを提示する千反田がどこまで切羽詰ってたのか、ちょっと突っ込みたいwさすがに帯留め使ったら、助かっても絶対勘違いされそうですし…。なので、もちろん却下し、代わりに外ののぼりに使われているビニール紐を拝借。巾着袋の腹にビニール紐を巻く…それは袋の鼠という史実に基づいた謎かけ。それが里志に伝わると確信した理由はずばり、里志が見ていたというドラマがまさにその史実に関係する内容だったため。まさか、ここで歴史の授業が始まるとは思わなかったぜ。
 そして、その巾着袋が届けられたのを見た里志は、奉太郎の読み通りメッセージに気付いて助けに来ました。扉を開け放っての第一声が実に皮肉ってますねぇ…。


 というわけで、いよいよ冬のエピソードでしたが、丁度1年が回った頃に放送が終わりそうですね。次週はバレンタインの話みたいですし。ここ数話での千反田が積極的すぎてやばいだけに、最終話辺りにできててもおかしくないですけど、如何に…?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

氷菓の第20話を見ました 第20話 あきましておめでとう 「なぁ千反田、元日にやっていたことは一年間繰り返すっていう迷信はあるか?」 「さぁ多分そんな迷信はないと思います...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。