コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アクセル・ワールド #18 「Invitation;挑戦」(ミラー)

 どうも、管理人でございます。夜はまともに作業できなさそうなので、今日は早いうちに更新。明日は、コミケ参戦なので更新がどうなるかわかりませんが、とりあえず頑張る。


 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


ブラック・ロータス:「何年ぶりか、懐かしいな、クリキン!」
 今回の話は、沖縄編前半戦。前回ラストの展開から見事にぶった切った展開になってますが、ここで入れないともっと変なタイミングになるのでしょうがない! ちなみに、本編は原作10巻描き下ろしが初出しとなっております。

 修学旅行で沖縄へやってきている黒雪姫ですが、早くもハルユキが恋しがっている模様w そんな彼女にここぞとばかりにコミュニケーションを取ろうとするのが、彼女の友人にして生徒会書記の恵。ハルユキが現れるまでは、黒雪姫と仲が良いと言える唯一の存在だっただけに、随分距離が近いと思える半面、ちょっと愛が重い(でいいのか?)気が…。また、恵は黒雪姫のもう一つの世界、すなわち加速世界についても何となく察してるみたいで、それがある故に完全に心を開いてると言い難いのが気になってると。あと、彼女の口から出た好きだった本の話が、多分加速世界の話…ですよね?

 しかし、そんな中で、黒雪姫に不測の事態が襲来。それは、バーストリンカーによる乱入。直結じゃないとブレインバーストを渡せないという性質上、バーストリンカーはほぼ東京に集結しており、僻地で会うのはかなりのレアケース。とはいっても、中の人が子供である以上、家庭の事情で東京を離れることになり、引っ越した先でバーストリンカーであり続けるというケースも無きにしもなわけで、今回登場したラグーン・ドルフィンとコーラル・メロウの二人は、ある種それに近いケース。より正確に言えば、東京からやってきた「親」からブレインバーストをもらった「子」と、「子」の「子」という関係。
 二人が黒雪姫に接触してきた理由は、志半ばでやる気を挫かれた「親」を立ち直らせるバーストリンカーを探すため。そのために、東京から来たバーストリンカーに片っ端から戦闘しかけるとは、これまた無茶な…(苦笑)。しかも、「親」の教え故にバースト・リンカーとしての常識を軒並み欠落させてる辺り、危なっかしいにも程がw 下手したら薄い本的展開もあり得る。とりあえず、平然とリアル割れ仕掛けたり、オープンスペースで無限中立フィールド入ろうとしたり、リアルネーム晒すのはダメ絶対! それと、いくら他にバースト・リンカーがいないからとは言え、その辺の話を全くしない師匠こと「親」のクリムゾン・キングボルトのやる気なさは戴けないとです。

 ひとまず、今回の話での一番の鍵は、恵のポジションですかね。黒雪姫をリアルへ繋ぎ止めるという役割としてもそうですし、色々訳ありっぽい話もちらほらですし。あと、コーラル・メロウことマナがユタの能力で用意させたXSBケーブルの予備の件もありますし、この辺に注目するべきだと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。