コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2012年春アニメ感想 第6回①(ミラー)

 こんばんは、管理人でござい。昨日作った記事が、うっかり下書き中のまま反映されてないことを知り、慌てて設定変更をしたなどと。そんなわけで、こちらの記事と合わせてご覧いただけると幸いです。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いいただけると幸いです。↓


1.これはゾンビですか? OF THE DEAD
 今回の話は、ミストルティン復活&文化祭の話。何か歩が調子乗りすぎて気持ち悪いような、そんな錯覚を覚えたなどと。

 大先生からのミストルティン修理完了の一報を聞いて、大はしゃぎな歩。一度修理したとはいえ、第一話で壊れて以来なので随分とこの問題を引っ張ったなぁ…。一方、歩の通う学校はそろそろ文化祭の季節らしく、出し物の決定&準備開始なのですが、歩のクラスのリーダーはなぜかハルナ。クラスメイトである歩以上に信頼を集めるハルナのカリスマ性、マジパネエww あと、ここぞとばかりに歩にアタックかける平松さんがいいです。この作品だと、基本トモノリor平松さん推しなので、この展開は俺得!

 そして、文化祭前日にはようやくミストルティンが届き、その日のうちに例の事件の記憶は消去。これでようやく不名誉なレッテルは剥がれると思いきや、また別のところで同じレッテルを貼られる羽目に…なぜこうなった! そんなわけで、女装して会場を練り歩くことになった歩ですが、途中立ち寄った出店で会ったトモノリからとある相談を受けます。それは、手紙で誰かから校舎裏に呼び出されたというもの。思いっきり恋愛脳だけど、トモノリが着実に可愛くなっててたまらんとですw しかし、結果から言えば、呼び出しは罠だった模様。トモノリの頭上にタライを落として、それをトリガーにしてトモノリの中に魔装兵器を呼び起こす、それが目的っぽいです。前回の時はちょっと良く覚えていませんが、今回は直前に謎のおっさんから渡された指輪を使い、どうにか回避。にしても、ちゃっかり婚約指輪の位置に収めるあたり、絶対確信犯ですよねw
 と、そんなことがあったのもつかの間、今度はメガロが出現。歩だけでなく、今回はハルナも出撃ですか。何でも、ユーから魔力を取り戻すのに成功したとか、そんな話なわけで、1期1話以来のまともな変身ktkr ですが、メガロを倒した直後、ハルナの身に異変が…。これは一体?

 前回位に展開が動かないという話をしたと思いますが、今回になってようやく話が動きましたね。1期のシリアスは正直あまり良くない印象なのですが、2期ではぜひ挽回してほしいところ。ひとまず、今回は完全俺得回で満足。
 今回の妄想ユーは、横山智佐&国府田マリコ・小桜エツ子。


2.あっちこっち
 Aパートはプール掃除の話。珍しく伊御が攻撃喰らう側の人間になっていたのが、ちょっと意外でした。もっとも、姫のドジとつみきの珍しいミスのツープラトンが奇跡的に決まっただけ、とも言えますけど。発言が毎度イケメンすぎるので、たまにはこういうのもアリです。それと、たわしと同系列に扱われる榊ェ…。

 Bパートは勉強会の話。これまた榊がほぼハブられる話になってますが、Aパートと合わせて扱い悪すぎて涙が…。にしても、伊御の部屋に入って、シャツを見るなりすぐに手が伸びるつみきが本当に期待を裏切りませんね。ただ、真宵&姫も後々まで引きずるくらいに印象を刷り込まれるのは意外でしたけどw とりあえず、つみきは先生に向いていないことがよく分かったのと、榊が安定して「Anotherなら…(ry」な展開に巻き込まれてたのがちょっと面白かったです。

 今回で6話目ですが、起伏がないなりに楽しめるようにはなってきたなと、次第にそう思えるようには成りましたね。やはり、キャラがある程度掴めてくる中盤以降は安定するのが、4コマ原作アニメのいいところだと思います。もっとも、それでもキルミーの方が楽しめた感は否めないですけど…。


3.さんかれあ
 今回の話は紫陽花の葉っぱの話。わんこ、色んな意味でタイミング悪いわ…。

 わんこに引き続き、今度は降谷にまで襲い掛かる礼弥。その様子だけで、彼女をゾンビだと看破したわんこの理解力がマジはんぱねえw そのせいで、降谷にあらぬ疑いがかかったとも言えますが、普通に考えたらそういう答えになりそうなので、まあその辺はしょうがないと。ちなみに、彼女の異変は紫陽花の葉を食べることで収まりました。蘇生丸の重要な成分が紫陽花だったわけですし、やはりキーアイテムなんですね。ただ、じいちゃんに言わせるところによると、蘇生丸はまだ不完全な代物で、あくまでも死を抑制する効果しかないとのこと。つまり、根本的な死の回避というわけではなく、放っておくと再び死に返るのは免れないと。それに、要となっている紫陽花が年中咲いてるわけじゃないので、意外と短期的なものになるんですかね? にしても、久々にまともなことを言ったと思ったのに、いいところでボケモードに入るとか、色んな意味で残念すぎる…。

 そして、礼弥のことがわんこを始め、家族にばれたこともあり、事情はある程度伏せたままではあるものの、降谷は正式に礼弥を家に置いてもらうことを依頼。すると、降谷父はあっさり了承。でも、彼女もゾンビ関連です、ガチでw わんこからは礼弥用の服を借りることになりましたが、彼女からすれば心中複雑ですね。本当に、負けオーラしか出てませんですし。また、彼女のそんな思いを知らずに、観察日記やら記録を取ってる降谷がこれまたKY気味…。というか、ビデオは完全変態趣味にしか見えないww
 ただ、そんな彼らの手に、礼弥の実家の魔の手が押し寄せる…的な予兆が出てきましたね。あの運転手は礼弥が起きあがるのを見てるわけですし、変態親父再起のタイミングはそう遠くない?

 何か、今回の話見てると、ますますバッドエンドの相が強くなってきた気がしてならないんですが…。なんとなく明るめのテイストで誤魔化してますけど、タイムリミットが暗に示されてたり、礼弥の表情に時折狂気が見え隠れしたり、要素がゴロゴロありすぎます。
 次回はわんこ当番回?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。