コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金  1

 こんばんは、管理人でございます。果たして、ここまでラードを推したアニメがあっただろうかと、そういいたくなる作品を見た気がしてならない、今日この頃。ストロングスタイルにも程があるぜw

 今回紹介するのは、ファミ通文庫より刊行されている「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」という作品。この作品は、第13回えんため大賞の大賞受賞作として発売されました。この賞における大賞受賞作と言いますと、かれこれ田口仙年堂さん以来、年数に換算すると約7年ぶりにあたるとか。それだけに、発売当初からかなり仕掛けてきてる印象がありますが、さて・・・?

 まずは作品の概要について説明しますが、主人公は父親から勘当され、島流しになった少年重護。彼が住むことになった下宿先に住み着く地縛霊七々々と、彼女が学園に隠した「七々々コレクション」を巡る、トレジャーバトルな作品・・・とでも言うべきでしょうか。読んでみた感想としては、「とりあえず面白い!」 というところ。うまく説明できないのですが、全体的にかなり手堅い作りになっていて、また同時に今後に繋げられそうな要素がちらほらあって、ある意味理想的なシリーズの始め方だと思いました。加えて、キャラクターの面で見ても、主人公重護とクラスメイトになった名探偵天災がヒロインである七々々以上に魅力的に感じられ、それが一番の収穫だったかと。重護の設定的な意味でちょっと言えないのですが、重護の出自を知った上での彼女のセリフに痺れました。これは、探偵もののロマンですよねw

 ただ、その半面でいただけない部分もあって、それがパロネタを多用しているという点。別にそれが悪いわけではありませんが、ネタの入れ方が直球過ぎるところにちょっと萎えました。アプリボワゼとか、作品世界に全く関係ないのに、微妙にタブーなのではないかと・・・。

 とまあ、こんな感じですかね。最後の最後でちょっと厳しい言い方になってしまいましたが、全体的な出来は上々ですので、続きが出るのが楽しみです。「大賞」ということで気になっている人は、とりあえず読んでみることを勧めます。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【働くニートとワナビの部屋】

 こんばんは、管理人でございます。果たして、ここまでラードを推したアニメがあっただろうかと、そういいたくなる作品を見た気がしてならない、今日この頃。ストロングスタイルに...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。