コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

偽物語 #06 「かれんビー 其ノ陸」(ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。外野がうるさすぎて、ちょっとイライラしてきたなどと。言ってることが理不尽すぎるわ。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでのTB送信に失敗したときにお使いいただけると幸いです。↓


戦場ヶ原:「私も前に進むわ」
 今回の話は、アララギさんが貝木の元に乗り込むまでの話。とは言っても、貝木の出番はなしですがw というか、時間の配分がおかしいと思いますw

 結局、前回の衝撃的なラストからの続きの描写はなしですか…何かしらやったみたいな話はありましたが。結局、囲い火蜂はアララギさんが半分引受けるという形で落ち着きました。ただ、未だ解決には至ってないので、翌朝貝木のことを知っている戦場ヶ原を訪ねることに。すると、その途中で真宵に遭遇。いつもなら、速攻でセクハラを決めているはずですが、先日の件もあり自粛。セクハラを仕掛けないアララギさんなんてアララギさんじゃない!
 何やら深いことを語ってますけど、考えてみると見た目は幼女でも幽霊なんですよね、彼女は。つまり、見た目と実年齢に換算したときの歳にギャップが少なからずあるでしょうし、下手をするとアララギさんより経験値+年齢が上と言うこともありうると。ただ、だからと言って、あのパロはちょっといただけないですかね。何しろ、あれだけ直球ですし…。とりあえず、何かフラグ的なものを立ててますけど、現段階ではその予定はないと判断していいのでしょうか? あくまでも、西尾維新ばりのジョークということで。

 そんな真宵とのやりとりを終え、戦場ヶ原の家を訪れるアララギさん。ドアを開けたら、芯が尖りまくってる鉛筆を数本用意って、軽くホラーですねw どうやら、彼女は一人で貝木の元に乗り込もうと考えており、そのための武器がこれだとか。ただ、それを聞いて、アララギさんは黙っていません。いくら、彼女と貝木の間に因縁があるとしても、アララギさんにも貝木と会う理由はありますし、何よりも戦場ヶ原のことにベタ惚れなんですよね。そんなアララギさんの言葉を聞いて、戦場ヶ原もキュンと…くそ、こいつらもげろ!!!

 こうして、戦場ヶ原と共に貝木の元に乗り込むことが決定しますが、乗り込む暇もなく別の問題が発生。囲い火蜂にやられて寝込んでいた火憐が、少し目を離した隙にいなくなったとな。パニックを起こす月火を宥め、アララギさんは一人火憐を探しに行きます。とはいっても、探すあてもなく、アララギさんに焦りの感情が…と、ここで忍が登場。アララギさんの焦りが直に伝わってきたことで姿を現したみたいですが、彼らの関係が本当複雑ですね。元々の主従関係は忍>アララギさん ですけど、現在の強制力としてはアララギさん>忍 と、詳しくは傷物語を見てくれとしか…。そして、彼女の力を借りて、火憐を探すのでしたと。

 
 いつも以上に会話ベースなせいか、感想が非常に書きにくいですね。というか、話が全然進まないので、どう書けばいいのか…。そして、リアルの方が色々と煩わしくて、筆が全然進まなくてイライラするとw

 とりあえず、次回で火憐編完結、ですかね?


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。