コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

偽物語 #03 「かれんビー 其の參」(ミラー)

 こんにちは、管理人でござい。ちょっと作業を急ピッチで進めなければならなくなったので、挨拶は省略。


 以下、本館からのミラーとなります。向こうでのTB送信に失敗したときにお使いいただけると幸いです。↓

戦場ヶ原:「失礼、かみましね!」
 今回の話は、貝木との遭遇&本妻戦場ヶ原の参戦の話。ようやく1話アバンに繋がりましたが、相変わらずぶっとんでやがる…。

 神原の部屋の掃除が終わったところで、アララギさんは神原と雑談&花札。確かに、端から見るとアララギさんみたいなフラグ体質の男子は心配になりますよね。でも、あくまでも戦場ヶ原を宛がった上で、自分は愛人ポジションに収まろうと考えるあたり、すごく強かに思えますがw 戦場ヶ原と羽川の関係はまあ大丈夫だとしても、やはりネックになるのは千石の存在。ラスボスっておいww
 ちょっとまじめな話ですが、やはり神原の怪異の件をアララギさんは気にしているようで。神原曰く、一応怪我で通しているそうですが、いつまでもそのままというわけにはいかないですよね…。ですが、母親のこともあってか、あまり踏み込んでこないとかなんとか。いったい、何があるのやら。

 こうして、神原の家を辞したところで、アララギさんは謎の男に遭遇。男は貝木と名乗り、神原の様子を見に来た模様。やはり、神原母は何か怪異絡みの人間だったりするんでしょうか…。そんな貝木に忍野と似た影を見つけたアララギさんは彼に接近しようとしますが、何かやばいものを感じ、何もしないままその場を立ち去ります。そして、その帰り道、彼女にして家庭教師な戦場ヶ原と遭遇。ですが、アララギさんが勉強をさぼったと思った戦場ヶ原はすでにご機嫌斜め。もっとも、それ以上に不機嫌な理由は、女の子たちの元を遊びまわっていたこと。せめて、神原のおばあちゃんは勘定に入れないであげてwww と、そんなコントを挟みつつ、アララギさんは先ほどの貝木と名乗る男の話をしますが、その瞬間戦場ヶ原の態度が一変。次の瞬間には、1話の監禁シーンにはつながると…。

 結論から言えば、戦場ヶ原にとって、貝木は因縁のある相手。なぜなら、以前の蟹の一件の際、アララギさんに出会う前にそれの解決に乗り出した一人だったため。そんな貝木の職業は詐欺師であり、どこまで行っても偽物でしかないと。そして、貝木とアララギさんをこれ以上接触させないために戦場ヶ原は監禁に及んだ、というのがこれまでのあらましなのですが、ちょっと歪んでる気がしないでも…。しかし、そこに下の妹から助けを求めるメールが届いたとなると、話は一変。アララギさんは自力で拘束を破り、戦場ヶ原と戦う決意を…と思ったら、戦場ヶ原はあっさり折れました。彼女の行動の理由は、羽川からの電話。なるほど、いつの間にかパワーバランスが出来てたのねw


 ようやくキャラ紹介が終わりましたが、無駄に長かった気が…。とりあえず、ここからが怪異パートになるので、語る内容が増えることに期待しましょう。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。