コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

蒼穹のファフナー #24 「第三アルヴィス」(ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。相変わらず、風邪の症状が治まらないながらも、これ仕上げたらちょっと出てきます。父親の誕生日プレゼントを見繕ってこなければ(当日は昨日でしたw)

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


鏑木:「捉えたぞ! フェストゥム!!」
 今回の話は、第三アルヴィスを舞台にした最終決戦を描いた話。これだけ画面に出てるのに、一切喋らない翔子…やっぱり間に合わなかったんかな。

 かつて、アーカディアンプロジェクトによって生み出されたアルヴィスは計3つ。一つは物語の舞台にもなってる竜宮島、二つ目はイドゥンが同化した蓬莱島(1期クライマックスの舞台)、そして最後の一つがナレインたちが新天地として目指す海神(わだつみ)島。故に、必然的にフェストゥムと竜宮島チームが交錯するのは海神島一択になるわけで、そこに至るまでの襲撃に備える意味も込めて、竜宮島チームも万全の態勢で戦力を整えます。エインヘリヤルモデルへの改修が終わったドライツェン・ゼロファフナーをそれぞれ操・里奈&暉 に託し、一騎カレーもとい暉カレーを振る舞い、気力も戦力も今取りうる最高の状態。そういえば、鏑木の家庭はようやく元の姿を取り戻しつつあるという感じでしたね。こないだの里奈の一喝があって、変化の兆しが見えて、ついにここまで…と胸熱シーンでもありましたが、鏑木の体調がかなり悪化してるのとフラグにしか見えない見送り台詞のせいで何とも言えない気分にw あとは澄美さん…これ死ぬ奴だろ。この作品のキャラはフラグという概念を知らないのかってくらいに積み重ねてくるので、本当怖いです。

 そんなわけで、ついに海神島に上陸と相成りましたが、意外や意外襲撃はなし…と思いきや、やっぱり潜んでましたか。敵意を隠して潜伏って、どんどん人間っぽい思考に近づいててやばさが半端ない。とはいっても、ウォーカーが待ち伏せしてるのは予想の範囲内なので、手筈通り鏑木のSDPでコアを露出・ゼロファフナーでぶっ放すという戦法で攻撃を加えます。しかし、はなった攻撃は空間を通じて反射され、撃墜に失敗。さらに、それを皮切りにディアブロ型も加わり、最高戦力を以てしてもどんどんジリ貧に追い詰められています。といいますか、すでに別のアザゼル型を取り込んだベイグラントに同化されたウォーカー というアザゼル型3体分の知性を備えてるって時点で大分チートなんですがそれは。
 また、脅威となるのはそれだけでなく、ディアブロ型が大量発生してるということは、すなわち機体を乗っ取られる可能性の高さを示唆してまして、取り込まれる直前にコクピットを射出したマークドライ、マークドライのトルーパーを通じてパイロットごと飲み込まれたツクヨミ の両名が敵に回るという事態に。ただし、それでも戦うことを諦めないのが今の彼らであり、この状況を打破するためにそれぞれの出来ることを命がけで行い、辛くもウォーカーを退けることには成功。

 ただ、ウォーカーを倒したのも束の間、今度は本丸であるベイグラントが宇宙から仕掛けてきました。シュリーナガルのミールもろとも島を同化するべく動き出し、それをゼロファフナーが素手で抑え、エメリーたちが祈りを以て同化を抑え込もうとします。里奈を守るべく、パイロットを自分一人に切り替えて立ち向かう暉…これアカンやつでした。最後の最後にようやく広登の死に向き合えた暉、バラバラ死体で発狂することなく、静かに受け入れることが出来たというのが彼なりの成長が窺えました。こないだのウォルターとの和解もそうでしたが、精神的な成長の描き方はカノンに次いでじっくり描かれていて、このタイミングで逝ってしまうのが残念。

 一方、眠り続ける一騎ですが、ついに目覚めました。ただし、島のミールへと帰って行った仲間たちとの対話(祝福)を経て、珪素系男子として ですが。やっぱりEDの4人(総士・一騎・甲洋・操)は全員そっちの派閥でしたかw 被災地跡になっていたマークザインを呼び起こし、海神島の仲間たちと合流。ついでに、同化された仲間たち(マークドライ・ツクヨミ・マーフアハト(?))も救出し、復帰早々八面六臂の活躍で噴いた。あと、美三香は球体モードから復帰してて、それが地味に驚き。


 と言った感じで、第24話。いよいよ最終決戦が始まりましたが、第1期・HAEとは違って、完全に犠牲ありきの厳しい戦いというのがかなりつらいですね。第1期の場合は、クロッシングの影響で誰一人欠けることが許されないという、ある意味これよりも無理ゲーな設定だったとは思いますが、こっちの方が精神的に来ますわ。こうなると、どこまで屍を重ねることになるのか、全くもって予想できないです。
 それに、仮にこの場でのベイグラントの襲撃を退けたとしても、後ろにマークレゾンを駆るジョナミツがいると考えると、これから合流する真矢・総士を含んだフルメンバーで臨んで…尺が足りないような。最終話だけ1時間SPになるのか、あるいは劇場版に続くのか。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒼穹のファフナー EXODUS 第24話 第三アルヴィス

ファフナー2期 第24話。 長きに渡る旅の真の終着点、新天地、第三アルヴィス。 以下感想

蒼穹のファフナー EXODUS TBS(12/11)#24

第24話 第三アルヴィス ヘスターが脱出した基地に残された人々、バーンズ将軍も拘束を解かれる。 この基地の王がジョナサン・ミツヒロとなったと呟く。 竜宮島を狙うウォーカーも同化するアトランテス・コア。 第二アルヴィスは消失して、残る第三アルヴィス・わだつみ島(海神島)は行方不明。 エインヘリアルモデルに改良が住んだマークドライツェンとゼロファフナー。 暉と里奈の複座に調整するゼロ、操はド...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。