コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

蒼穹のファフナー EXODUS #17 「永訣の火」(ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。やっぱり、疲れ溜まってるせいか記事書くのでさえも大分いっぱいいっぱいだったり。なので、ちょっと身の振りを考えないと。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


織姫:「私も忘れない。あなたのこと」

 今回の話は、カノンが選び取った未来の話。明らかにやばいフラグが立ってたとはいえ、本当容赦ない話を書くな、冲方さん!!

 まず、前回ラストで出てきた、謎の機体。あれはカノンの幻視による産物で、実際にはドライツェンのままでした。ただ、一方でカノンはそれをきっかけに自らの推測に対する確信を強め、強行しようとします。
 で、結論から言えば、やはり彼女の推測通りで、機体に乗って未来での戦いを繰り返すことで未来が開ける…彼女の言葉を借りるならば結び目がほどけていき、それに伴い未来の方向性が少しづつ変わっていきます。その代償がカノンの質量ともなると、本当アレなんですが…。

 ともあれ、懸命に未来を変え続けたカノンの働きによって、少しづつ全滅の未来が違った方向に変わっていきます。まずは鏑木親子の和解による第2次計画の撤回、続いて新たな同化現象の発生源、そしてシールドを突破して襲い掛かるフェストゥムのカラクリ…一応それぞれ別のキャラが閃きと努力と勇気を以て突破口を開いたという形で描かれてはいますけど、元を正せばおそらくカノンの働きの結果なんでしょうね。それだけに、彼女の戦いが誰にも顧みられないのが辛い。
 そして、限界が差し迫る中、カノンはついにデッドエンドだった12/18から先の未来を掴みとることに成功。さらに、その未来ではカノン一人ではなく、一騎もまた彼女と共にあるビジョンが広がります。ただ、喜ぶのもそこまでで、その未来もまた彼女が望むものではありませんでした。いや、ある意味彼女の願望が一番反映された形ではあるんですけど、その未来を選ぶことは彼女にはできませんでした。なぜなら、その未来を選んでしまった場合、立っているのは彼女と一騎の二人だけなのだから…。

 故に、彼女は魂の重さ(21グラム)にまで希薄となった状態で、再び未来を変える選択をし、ついに世界から消えてしまいました。別れも告げず、翔子の服を死装束として選ぶとか、容子さんにとってはトラウマ再発もんですわな。それと、ファフナー特有の動物の察しの良さに泣けた。さすがにショコラが後追いってことはありませんでしたが、忠義厚すぎるわ…。


 と言った感じで、第17話。第1期からファフナーを見続けてきて、一番キャラが変わっていたのがカノンで、その成長をずっと見てきた身としては涙が止まらないくらいにきつい話でした。明確に「死」という形で描かれてはないものの、これはさすがに戻ってこないでしょうし、それだけの覚悟と共に描かれた働きが決して無駄にしないでほしいと思わざるを。
 あと、彼女が遺した新型機と思われる機体「エインヘリアルモデル」、これはあの時彼女が幻視した機体ってことでいいんですかね。これを駆るのは果たして誰になるのか…。

 次回からはいよいよ新OP・EDがお披露目になって、新展開かな。驚く準備だけは済んでるw

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。