コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

終物語 #03 「そだちリドル 其ノ貳」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。ちょっと急いでるので、挨拶は省略!

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


扇:「私は何も知りませんよ、あなたが知っているだけです」
 今回の話は、アララギさんが数学を得意になったルーツを描いた話。正直なところ、この間こちらで書いた考察が色々と物語ってて、今さら何を書けという状況なんですが、とりあえずまとめるという意味も兼ねて書いてみます。

 遡るは5年前。当時、数学の成績が思わしくなく、そのことでアララギ少年は悩んでいました。そんなとき、彼の下駄箱に謎の手紙が入ってるのを発見。その中に記された場所に向かうと、そこはさながら廃屋の様に荒れ果てた屋敷があり、中には謎の少女が待っていました。彼女はアララギ少年に3つの条件「勉強はここで行う」「ここに来ていることは誰にも言わない」「数学のこと以外は何も聞かない」ことをアララギ少年に約束させ、彼に数学の勉強を教えます。ちなみに、約束通り彼女の素性について何も尋ねなかったアララギ少年は今に至るまで、彼女のことを数学の妖精か何かと思っていたようで。何でこんなところだけピュアなんだww
 そんなわけで、前回ラストで言っていた勉強会とはこのことで、夏休み最終日まで秘密の逢瀬が続いたのですが、その終わりはかなり突然でした。というのも、最後の日彼女が姿を現さず、空の手紙を残しただけでそれっきりになったため。その後、アララギ少年は彼女の正体を探ろうともしましたが、結局見つけられず、同時に突然姿を消した彼女に恐怖を覚えるようになり、記憶の奥底に思い出を封じ込めることに。ただ、彼女が教えてくれた数学だけはしっかり覚えており、彼女が教えてくれた数学の面白さを拠り所に成績を向上させ、人格形成が行われ、やがて今のアララギさんの原型が生まれたと。前回もそう思いましたが、数学がそこまで万能に描かれてるのはなぜですかwww

 過去語りが終わったところで、その話を踏まえた上で、推理がスタート…なんですけど、その前に一つだけ。状況からして丸わかりだと思いますが、数学の妖精=老倉 、これは確定事項です。なので、焦点となるのは、「なぜ彼女がアララギ少年を招き入れたのか」「彼女が常にアララギ少年よりも早く待ち合わせ場所に着いていたのか」「なぜいきなり姿を消したのか」、この三点に集約されます。まず二つ目についてですが、これは言ってしまえばアララギ少年(アララギさん)の勘違いが原因で、そもそもそこが廃屋じゃなく、彼女の家だったから。では、アララギさんがどうして廃屋と勘違いしたのか。なぜなら、そこが廃屋と見間違うほどに荒れ果てていたからで、荒れ果てていた背景にはおそらく彼女の家庭事情…端的に言えば家庭内暴力の影響があったからではと推測できます。
 それを念頭に置くと、残り2点についてもある程度推測が容易になります。いきなり姿を消したのは、家庭内暴力がピークを迎え、やがて崩壊を迎えたのがそのタイミングだったから。探しても見つからないのは、引っ越したからと考えれば辻褄が合いますので。

 そして、最後の一つ「なぜ彼女がアララギ少年を招き入れたのか」という疑問。これもまた、家庭崩壊に絡んでいると推測できます。まあ、ぶっちゃけた話、彼女にとって重要なのはアララギ少年自身ではなく、彼の両親が何の仕事をしているのかという点なんですが。彼の両親は警察官…要するに人知れず助けを求めていたわけです。ただ、知っての通り彼女は自身のことを一切詮索しないようにアララギ少年に釘を刺してたので、仮にアララギ少年が彼女の狙い通りに動くとしたら相当察しがよくないと難しいという罠。何、この無理ゲー…。いくらなんでもノーヒントで解ける問題じゃないと思う。

 と言った感じで、彼女が激おこだった理由について、ある程度の答えを得たアララギさんですが、しかし完全回答ではないらしく、もう一つ解かないといけない謎が残されていました。それは、当時の彼がひた隠しにしていた両親の職業について、彼女がどのような方法で知ったのかということ。故に、老倉と彼の因縁はそこだけに留まらないのでは。より深く、彼は記憶を掘り起こすのであった。


 ということで、エピソード第2話。前回の老倉の態度について、ある程度理解はできましたが、案の定しっくりこない部分がネックになる展開が来ましたね。これでただのストーカーだったとかならずっこけるところですが、さすがにそれはないと信じたい。
 そして、改めて思ったこととして、アララギさんがつくづく女泣かせなキャラだなと言う話。いくら名乗らなかったとは言っても、自分のことをさっぱり忘れられてるというのはキレてもいい。といいますか、夜道で刺されるパターンだと思いますw

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終物語 第3話「そだちリドル 其ノ貳」

第3話「そだちリドル 其ノ貳」 ショタラギさん可愛いw 5年前、中学一年の夏に謎の手紙で廃屋へと呼び出されたショタラギさん。 中から出てきた少女は、数学を教えてくれると言う。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。