コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

終物語 #02 「そだちリドル 其ノ壹」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。早くも眠いんですが、もうちょい頑張らないとアニメ視聴がやばいことになるので我慢。やっぱり、どこかしらのタイミングで体力持ってかれる瞬間がある気がする。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信して下さい。↓


戦場ヶ原:「文房具で阿良々木君を刺していいのは私だけ」
 今回の話は、老倉の復活と過去を探る旅を描いた話。すごくどうでもいい話ですが、この数学の万能感は進○ゼミに通ずるものがあると思うw

 まず、前回ラストにて、およそ2年越しの不登校から脱し、教室に姿を見せた老倉。彼女が学校に現れた理由は、言うまでもなく不登校の原因になった教師がこの度産休で学校から姿を消したから。なんですけど、だからといって、彼女と因縁があるのは1人だけでなく、アララギさんもその1人。恐る恐る彼女とコンタクトを取ろうとするアララギさんが本当白々しくて、本当ヘタレ全開でした。もちろん、そんな彼の努力など何の意味もなかったわけですが。
 アララギさんを見つけるや否や、さっそく噛み付いてくる老倉。何かアララギさんが「数学が得意」という部分を妙に強調したり、自分がいない間もアララギさんがのうのうと学生生活送ってたことを言及したり、ただ嫌ってるというのとは別のキレ方してるような気がします。特に数学に関する部分が気になります。数学と言えば、例の学級裁判でも槍玉に上がった件でもありますけど、おそらくルーツはそこじゃないですよね。多少は関係がないとは言いませんが。

 そんな中、ガハラさんが教室に侵入。何、この修羅場展開…と思ったら、修羅場は修羅場でも意外と大人しいままで収束しましたね。ガハラさんの愛が重すぎて、もはや何をやりたいのか分からなくなりつつあるというのはともかくとしてw 気絶するからって宣言しての気絶って斬新すぎやしないか…?

 そして、そこから時間が流れ、物語冒頭へ。冒頭部分だと、なぜか中学校にいたのですが、なぜか同行していた扇ちゃん曰く、こないだのお礼で彼女を連れてここに来たとのですが、いろんな意味で強引と言うか説明になってない感が。物語によって性別が安定してなかったり、彼女の存在が不安定すぎて、ぬるっと記憶が改ざんされるように思える…。そこまでやって、結局何がやりたいのか分からないですけど。
 まあ、その辺はさておきとして、さっそく下駄箱にて、アララギさんは手紙を発見します。三通の封筒に、モンティ・ホール問題と思しき文面の記された手紙。ざっくり説明すると、1/3の選択を迫られた後に、選択肢を1つ削ってもう一度選択を迫る時、どうするのが正しいのか というのがモンティ・ホール問題。答えは、最初に選んだものと別の物を選ぶのが正解 で、この場でもそれにしたがって選択。すると、選んだ封筒には一枚の地図が入っていて、そこが記すのはとある廃屋の場所。その廃屋は、中学時代のアララギさんが一夏の間、通っていた場所だったとさ。


 と言った感じで、改めて新章突入。前回が実質過去の思い出話みたいな内容で、はっきり言えば盛り上がりようがなかったんですが、今回はさすがにもう少しましになると思いたい。あと、中身について結構真面目に考察するならば、老倉がアララギさんの過去に執着するのも、数学にこだわるのも、おそらくあの廃屋で何かあったってことなんでしょうね。老倉がアララギさんの勉強を見ていて、それがきっかけで数学の成績が伸びたとか。ただ、そうなると、完全に頭の中から抜け落ちてるアララギさんがど畜生ってレベルじゃないんですけど、さてさて。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックして下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。