コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Charlotte #12 「約束」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。休みだと思うと、途端に気が緩んでしまっていけない。なので、明日から本気出す(フラグ)

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


友利:「では約束。帰ってくること。もう一度会いましょう、絶対です!」
今回の話は、有宇の決意と旅立ちを描いた話。何か思いだしたかのように、色々と畳み掛けにかかってるように見えるのは気のせいだと思いましょう、ええそうしよう。

 前回、チャイニーズマフィアの元に乗り込んだ挙句、崩壊の能力を暴発させた有宇ですが、その語の話は知っての通りのひどいもの。友利は無事だったものの、彼女を庇った熊耳は死亡。その結果、熊耳といつも共にあった隼翼はショックでふさぎ込み、組織はがたがた。有宇たちが入院している病院は一応安全らしいですけど、何にしても組織全体としては詰んでると言うしかない有様ですね。そんな中、有宇を見舞ったのは歩未や、久々登場の高城&柚咲の生徒会組。てっきり、このまままともに出番与えられないまま終わるかと思ったら、まだ出るんですね…この二人。とりあえず、牛タンカレーとかシチューとか、一応病人なのに差し入れがそんなヘビーなものばかりで大丈夫なのだろうかとw

 そして、色々ありつつ本題に話を戻すと、彼らの訪問を経て、有宇は大切なことに気づきます。それは、大切な人を失った身として、同じく大切な人を失った人に対してどうすべきかということ。前の世界で、有宇は歩未を失い、どん底に落ちたところを友利から救われ、周りに励まされ、ここに今一度立っているわけですけど、だからこそ隼翼の痛みは分かるし、心残りを残すことの無念さも理解できます。そのため、今まさに奇跡のど真ん中に立っている美砂に、もう一度両親と会うように諭したり、熊耳の死を無駄にしないため、隼翼を励ますために何が出来るかを考えます。その果てに、彼が選んだのは、全世界の能力者の能力を全て奪い取る という修羅の道。これは友利の提案なんですが、今現在組織で作った薬があれば、発症前の能力者が能力に目覚めるのを阻止できる。故に、今目覚めている能力者がいなくなれば、実質能力者は根絶されると言っていいはず。とはいっても、能力を多く抱え込めば、いつぞやの「崩壊」の暴発よろしく、暴発の危険性が増して下手したら化物と化すことも有りうるわけで、確実な手とは言い難いんですけど、それでも有宇は決意。ついでに、有宇は自分の心を繋ぎ止めるべく、友利に思いを告げ、約束をします。この手の展開っていい方にも悪い方にもフラグ立ってるんですが、それは良いのでしょうか…。

 また、いざそれを実践しようとなると、熊耳みたいに能力者を感知する能力が必要となってきますが、それに関してはどうにかなりそうな気配。まあ、能力者がテロや紛争に駆り出されるような世界情勢ならば、同じような能力者が複数人居ても不思議ではないですわな。なので、あとの問題は、瓦解寸前の組織で外国からの闖入者をどこまで対処しきれるかと言うところと、有宇が16歳ということで能力消失までのタイムリミットが迫ってるということ、どっちにしても時間との戦いという点ですね。

 旅立ちの直前、有宇を見送りに来た高城と美砂は自身の能力を、すでに能力を託した友利はお手製の単語帳を、それぞれ餞別代りに有宇へ送ります。彼らに背中を押されつつ、有宇は一人険しい道を歩み始めるのでした…。


 と言った感じで、第12話。タイムリープが使えなくなって、実質詰んだかなとは思っていましたけど、さすがに治療で戻りましたって展開はありませんでしたか。それを踏まえた上で、出来ることは限られてくるわけで、中でも一番それっぽい選択が描かれたように思えました。ただ、美砂の下りは割と強引な展開で、ここまでの空気っぷりから考えると「なんでここに入れたw」と言いたくなりました。といいますか、食レポやってるのにあの口ぶりはいろんな意味で有り得ねえ…下手したらテレビ局がNG出すレベル。

 次回はいよいよ最終回。一気に世界観が広がったことで、大分ダイジェスト展開が予想されそうですが、それを加味してもちゃんと泣けるラストは用意していただきたいところ。最後くらいはだーまえ節に期待したい!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。