コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

実は私は #01 「告白しよう」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。とりあえず、ぼちぼち眠気が襲ってきそうなので、その前に更新。ここのところ、本当油断がならない…。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信して下さい。↓


朝陽:「だったら……俺と、友達になってください!」
 ということで、夏アニメ感想第2弾と言うことで、取り上げるのは「実は私は」。とりあえず、こっちは試しと言うことで、まだ継続は保留で。
 今回の話は、主人公:朝陽 とヒロイン:葉子 の秘密の共有を描いた話。おそらく重要な部分何でしょうが、まさかこれだけで一話使うとは思わなかったです。

 主人公:朝陽 は通称:穴笊…つまり嘘や隠し事が一切できない(顔に出る)高校2年生。しかし、そんな彼にも一つだけ秘密にしていることがあって(本人談)、それがクラスメイトの白神葉子への恋心。まあ、本人がそう思ってるだけで、周りにはバレバレなんですが。とはいっても、バレてるからと言って冷やかすわけでもなく、一応は応援するスタンスの友人たちの優しさに泣ける。といいますか、以前委員長から告白する前に玉砕するなんてウルトラCを決められたとか…そりゃ妙に優しくもなりますわ。
 そして、その失敗を踏まえ、今度は振られる前に告白することになったわけですが、告白しようと朝陽が教室のドアを開けると、そこには文字通り羽を伸ばす(物理的な意味で)葉子の姿が。口調もいつもみたいなおしとやかな感じじゃなくて、モロに関西弁…どうやらこれが素の彼女で、その正体は吸血鬼。口調が違うのも、牙をあまり見せないための配慮だった模様。

 ただ、正体が知られてしまった以上、彼女に待ち構えているのは転校と言う運命。誰かに秘密を知られたら転校 というのが父親との約束で、こうなったからには回避しようがないのですが、そんな中で朝陽は「秘密にする」と彼女に誓い、それと引き換えに彼女と友達になることを望みます。どこぞの「一週間フレンズ」思い出しましたけど、ある意味効果的な手段ですわこれ。こうして、二人だけの秘密と、新たな学園生活が始まるのでした…。


 と言った感じで、第1話。管理人は原作をまだ読んでないのですが、1話のモノローグからして「ああ、さくらDISCORDの作者っぽいな…」というテイストが感じられて、ちょっと原作に興味は出てきましたね。なお、アニメ単体の感想としては、ヒロインの関西弁可愛いなという位で、まだ掴みとしては弱いかもしれないです。その他のヒロインも少しづつ情報小出しにしてきてますが、それがどのタイミングで跳ねるか。こちらは時間があれば、継続するかも?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。