コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Charlotte #01 「我他人を思う」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。ここのところ、ラブライブ関連で色々と調べてて思い出したんですが、見たい映画が丁度この時期に被りまくってるという…。とりあえず、今日はギアスを見てきて、おそらく来週はバケモノの子を見に行く予定。それ以外にもインサイドヘッドとかポケモンとか、地味に忙しくなってきた!

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


有宇:「もちろん嘘八百だ」
 今回の話は、主人公:有宇とヒロイン:友利 の出会いと新生活の始まりを描いた話。公式で主人公のゲスさをこれでもかってくらいにアピールしてましたが、良く分かりますわ…。

 主人公:有宇 は、5秒だけ他人の意識を乗っ取ることができる異能力者。乗っ取れるというと、何ともチートっぽい能力にも見えますけど、「5秒だけ」というと途端に残念な感じがw ただまあ、この主人公に関しては結構頭が回る方らしく、5秒だけなら5秒で出来ることを とでも言わんばかりに、ピンポイントで能力を使って、色々と自分の利益になるような結果をもたらしてきたと。例えば、テストで回答を盗み見て成績優秀者になったり、学園のマドンナを落とすために自演をしかけたり…etc。本当、これらの所業がどれをとってもゲスいですよね。特に、女落とすために、トラックの運ちゃんの一生を潰しかねない真似を平気でやっちゃうところが。

 しかし、そんな彼の快進撃もそこまでで、ある日彼と同じく異能力を宿した少女:友利たちが現れたことで、生活が一変することを強いられることに。どうも、彼女たちは、有宇みたいな能力を悪用する能力者を取り締まる側の人間で、この度有宇を監視対象に認定して、監視するための学校に強制的に編入させるためにやってきたという話らしいです。とはいっても、能力者であることがばれたとして、素直に捕まるはずもなく、有宇は逃れるために逃走。ただまあ、友利含め、一緒に来てた高城の能力で凹られて、結果的にほぼ強制的に編入が決定。ちなみに、友利の能力が対象1人から自分の姿を消すこと、高城の能力が思い通りに止まれない瞬間移動能力…これもまた有宇の能力と同様、残念異能の気配が漂ってます。というか、高城の脳筋な部分が、明らかにABの高松なんですがそれは…。

 ともあれ、編入が決まった有宇なんですけど、彼には同居する妹がいまして、彼女もまた一緒に編入&引っ越しすることに。両親はいない…というか、実質捨てられたかのような扱いで、彼らの身元は親戚のおじさんが引き受けてるとか何とか、一緒に暮らしてるわけではないみたいですけど。まあ、何にしても兄妹だけで引っ越しすることになったわけですが、引っ越した先が明らかに今までよりも生活ランクが高いというのが実に胡散臭い話。ぼろい家に住めとは言いませんが、こう根回しがバッチリだと怪しさが半端ないです。あと、引っ越しの手伝いに来た友利の言葉をそのまま受け取るならば、妹ちゃんも能力者ってことですよね、多分。あるいは、能力そのものか能力の影響を受けてるか、その辺りの可能性も考察できそうですが、何にせよ話の中で無関係で終わるとは思えないです。
 それにもう一つ。有宇の夢の中にだけ出てくる、妹ちゃんが違和感として捉えているであろう、乙坂兄妹のもう一人の家族の存在。ただ単純に死んだってわけじゃないとして、やはりストーリーの鍵を握ってる存在として、後々出てくると思うのが妥当なところですか。今回は異能力がテーマで、この辺はなんでもありな気配あるので、どこまで理解の範疇に落とし込んでくるか、注目です。


 と言った感じで、第1話。とりあえず、前作「Angel Beats!」との比較に成っちゃうんですけど、こちらの方が大分TVアニメを意識した導入になってたと思いました。「Angel Beats!」の方はいい意味でも悪い意味でもPCゲームのノウハウがベースになっていて、それ故に散漫であまり掴みは良くなかったって印象だったんですけど、その点こちらは掴みはそこそこ良かったと思います。麻枝准さんらしいギャグも挟まっていて、やっぱり入れないと満足できない「key」のロゴも映り込んでて、ABの反省を生かしたというコメントが納得できる、そんな1話でした。
 あとは、ヒロイン勢と言うか、有宇以外のキャラクターについて。うざかわ系で人気が出るかもわからない妹ちゃんに、クーデレっぽくも無表情っぽくもある友利、やっぱり馬鹿な高城、そして1話時点だとほとんど出番のない柚咲など、やっぱり癖のありそうなキャラが揃ってるようなw どうでもいいですけど、有宇が前いた学校の女子の声がたみやすともえ(リトバスの鈴)と中原麻衣(CLANNADの渚)というのは、やっぱりいろんな意味で狙ってたのだろうか。ゲストキャラにしても、面白い共演でした。

 引き続き、感想は継続の方向で。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(´Д`;)謎の三人目 ~Charlotte 第一話 我他人を思う~

こいつはくせえッー! ゲロ以下の匂いがプンプンするぜッーーーーッ!!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。