コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

終わりのセラフ #11 「幼馴染のサイカイ」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。ちょっぴり急ぐ事情があるので、とっとと進めたいと思います。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使い下さい。↓


優一郎:「罪人は……皆殺しだ」
 今回の話は、優一郎の暴走を描いた話。いよいよ本筋と言いますか、タイトルに関係してくる部分に話が差し掛かってきたのですが、ぶっちゃけこれでも何が何だか…。

 思わぬ形での再会を果たした優一郎とミカエラ。自分が刺した吸血鬼がミカエラだと気づいた優一郎は、そこで手を止めた(鬼呪を流しこまなかった)ために、ミカエラを仕留めることが出来ず、結局は戦況が好転せず。状況を知らないグレンは優一郎を叱責しますけど、普段からあれだけ「家族」という言葉を連呼してるだけに、いろんな意味で攻められないですわ。もっとも、ここが戦場なのは変わらないので、覚悟決める必要があるんですが、初陣でそれを求めるのは酷。
 一方、吸血鬼サイドはというと、優一郎が人間に利用されてると強く信じてるミカエラを筆頭に、それなりに士気は高め。加えて、それを知ってか知らずかミカエラを煽りまくるフェリドの舌戦や、合流したクローリー一味という好条件が重なり、これは人間サイドに勝ち目が…。それもあって、殲滅から家畜化へと作戦変更、とことん舐められますなw

 そして、状況悪化に際して、グレンは撤退を指示。とはいっても、吸血鬼側が逃がすはずもなく、かといって負傷して弱ってるグレンを始めとして、交戦しながら撤退するのも難しい話。そんな中、優一郎に手を出させないため、ミカエラは彼を連れて逃走…完全に駆け落ちなんですがそれは。ただし、ミカエラ同様、シノアたちもまた優一郎にとって家族同然なため、彼女らを見捨てて逃げるのもNG。故に、ミカエラの誘いを断ります。
 しかし、そうしてる間にも月鬼ノ組のメンバーもどんどん劣勢に追い込まれ、彼の目の前で吸血鬼の餌食に。すると、それを引き金に優一郎に異変が生じます。これが以前阿修羅丸が言ってた「人間に弄られた部分」であって、同時にグレンにとっての切り札。「天使(セラフ)」とか言われてる割に、完全に悪魔っぽいですよねこれw ついでに言えば、敵味方なく消す気満々なくらいにおっかない代物なわけで、最終的にはシノアが力づくで引き留めてようやく止まるレベル。クローリー相手でもビビらせるくらいには強いものの、難ありすぎるんやろ…。

 ともあれ、優一郎の暴走で事態をかき乱し、時間稼ぎに成功したことで、グレンが張ってたもう一つの策がようやく実行に移せます。今度の援軍は帝鬼軍の中でもトップクラスに立つ柊家…これだけやっても勝てると思えないのは気のせい?


 と言った感じで、第11話。第一部クライマックスとも原作者から言われるくらいには、展開的には大詰めなんですけど、正直なところびっくりするくらいに盛り上がらない…。一応原作補完的に、与一とラクス・フェルトとの因縁を匂わせたりと、オリジナル要素も盛り込んではいるものの、逆にテンポがもったりしてて、尺稼ぎしてるだけにしか思えなかったです。切りどころがある程度決まってるのでしょうがない部分はあるんですけど、やるなら展開はサクサク進める方向で改変加えるなり何なり、でしょうね…。その意味で、この微妙は如何なものかと。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。